投稿者:tyaro
Pocket

 

5月23日(日曜日)に家庭教育推進協会主催のお話会と懇親会がありました。

子育てに悩んでいる方+家庭教育相談士で小グループに分かれてオンラインでお話するというもの。

私も相談士として参加させていただきました。

 

詳細はこちら

お話会&懇親会

開催日時 2021年5月23日(日曜日)

時間   13時~

 

【お話会】は不登校や引きこもりといった子育ての問題を気軽に相談でき、多様な人々とつながりや情報共有をしながら一人でも多くの親御さんを笑顔にすることを目的とした交流の場です。(fepaより引用)

 

開催方法 zoomを使用したオンライン開催

 

 




お話会

 

今回、「お話会」という名称を使われていることに違和感を覚えた方もいるかと思います。普通なら相談会とか面談なんて堅苦しい言葉になるのですが、今回の目的の一つは、問題を解決するのではなく、がんばっている親御さんに色々吐き出してもらって楽になってもらいたいという物だからです。

 

私も経験があるのですが、子どもが不登校で・・・と知り合いに話すと絶対空気が重くなります。又、話を聞かされた方も「大丈夫、そのうち学校へ行くようになるよ~」としか答えられません。でも行かない(-_-;)

そのうち、おいそれと気軽に子どものことを相談できなくなるという悪循環になってしまいます。

もちろん専門の先生に相談するのがいいのだと思いますが、家庭内の問題を知らない人に相談するのもちょっと気がひけるしという方も多いのではないでしょうか。そして、お金もかかるし(^^;)

 

そこで、家庭教育推進協会(協会)が提案してくださったのが、お話会です。

経験者である相談士と気軽にお話する場であり、もしかすると専門の先生のアドバイスもいただけたり。(もちろん無料ですよ)

 

逆に無料だと、何か変な会にでも勧誘されるんじゃないかと不安になる方もいるかもしれませんが、参加の相談士は、自分が経験して助けていただいた経験を今度は今不安に思っている方への手助けになればこんな嬉しいことはないと考えています。

もちろん協会の先生方も、無償です。ある訪問カウンセラーさんは今担当しているお子さんが20人ほどいるとか!

(勧誘がいらないくらいお忙しい先生方です)


相談士+参加者の混合メンバーで5~6名のグループにわけて開催されました。

私も相談士のあんずさんと一緒に3名のお母さんとお話させてもらいました。

小学生のお子さんの親御さんと中学生のお子さんの親御さん。

 

話題に上がったのは色々ですが、小学生のお子さんのお母さんは子どもさんとの距離感に迷っておられる様子でした。詳しいことは省きますが、やりとりの中で、相談士のあんずさんの経験談が響いていました。あんずさんのお子さんは今はもうりっぱな社会人で結構体格も大きいそうですが、小6の時にはお母さんの膝の上にのってきて、『膝がこわれそうだったわ~』という言葉にみんなで笑顔になりました(^_^)

 

全体的に、『今のままでいいのか?もっと何かしてあげないといけないのか?』と自分にたいして疑問があるよにうかがえました。

もちろん、1週間・1ヶ月程度の状況を見ると、何も変わらないかもしれませんが、みなさん今回のお話会に参加を決めたことだけでも、一歩進んでおられるようにみえましたよ。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

懇親会第一部

 

お話会より、もっとざっくばらんにということだったと思うのですが、みなさん熱心お話を聞いておられて、お話会第二弾になっていましたよ。

『支援を受けて今は順調だけど、今気をつけることは?』

『色々あって学校へ通っているけどスマホやパソコンばかりで心配』

『高校へ進学したけど、進級できるか心配』

支援をうけている小学生の親御さんは、訪問の先生が入られて実際に感想をいただく場面もありました。

 

みんなでざっくばらんにお話できたでしょうか。参加いただいた皆様ありがとうございます。

 

懇親会第二部

 

zoomで投票機能というのがあり、みなさんに今興味のあることがらの投票をしてその話題を話すというコンセプトでした。

今回は『親子関係について』

厳しいお父さんもいれば、温厚なお父さんもいる。各家庭それぞれに気になることもあるようですが、真反対の家庭の様子を聞いて、あれはあれで良いのかもと思えたのではないでしょうか。

 

ちなみに、我が家のお父さんは口べたなのにすぐ怒るというタイプでした。

そんなお父さんですが、息子には負けないぞという自負が強かったようです。息子もお父さんには勝てないと思っていたようですよ。

 

そんな我が家ですが、支援を受ける中で家族会議をする場面もやってきます。でもお父さんが上手に話すことはできないので、私が話を進めてお父さんにうなずいてもらうという作戦で乗り来ました。

 

何が正解というのでなく、各家庭にあった方法を見つけることが一番大事ですね。

 

 

お話会&懇親会の紹介サイト

 

今回のお話会&懇親会の様子を色々なサイトで紹介しています。ぜひご覧になってくださいね。(順不動)

 

参加の皆様からのコメントもお待ちしていますね(^^)/

 

 

不登校からの復学支援記録 ブレンデルさんのブログ

 

家庭教育推進協会ブログ 今回主催していただいた協会発信のブログ

 

今日の笑顔に感謝 ロータスティさんのブログ

 

「伸びる子」育て FHEの藤本先生のブログ

 

 




Pocket

 

4月24日に家庭教育推進協会主催の相談士のオンライン研修会に参加させていただきました。

詳細はこちら

 

日時 2021年4月24日(土)

時間 13時~14時半(研修会)

15時~16時(懇親会)

※zoomを利用したオンライン研修会

 




第一部 家庭教育相談士研修会

 

家庭教育推進協会のS先生が司会進行役をしてくださり、藤本先生・上野先生・訪問のA先生、新しい訪問の先生方も参加くださいました。

 

今までの研修の復習と新しい情報なども含めて勉強させていただきました。

先生方の話しを聞いていて、昔と違って最近は進路の多様性が認められてきているのだなと思いました。

以前は、学校第一という風潮が強く、色々な進路の考える余地が少なかったように感じます。今は診断のつくお子さんもいて、本当に個人個人に対する対応が重視されているのだなと感じました。

 

昔の、「学校にいかないのは親のせい」

というカラーは、大分薄れてきたようです。ただし、親のせいではないけれど、選択した親の責任も大きくなっているように思います。

 

今回は、家庭教育相談士としての研修ですので、相談にこられる相手のことを考えて対応することが大事であり、私たちが失敗しがちな対応の例もあげて指導いただきました。

 

復学支援を選択した私は、つい学校へ戻ることを主眼としてしまいがちですが、もっと視野を広げて相談者の力になれる努力が必要です。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

第二部 相談士の会

 

休憩の後は、グループに分かれてお話させていただきました。

もちろん、先生方も入っていただいての懇親会。私も久しぶりに先生に相談させてもらいました。

 

もう子ども達は社会人となっていますが、家庭はいくつになっても続いていきます。そして家族だからこそのいざこざもあり、その対応に迷っていた私に、色々とアドバイスいただきました。ちょうど同じグループに我が家の問題を解決している先輩の方もいて、大変参考になりました。

皆様ありがとうございます。

 

不登校は、子どもが学齢期だからこその問題ですが、家庭としての問題であるために、その時々に問題を解決していかないと、同じ問題が今度はレベルアップしてやってきます。我が家は息子が中学生の時の問題が不登校という形となり支援の先生とご縁があり家庭教育を学んだおかげで今回の問題にも対応することができます。

 

5月23日にはお話会も予定されているとか。

不登校・子育て・家庭の問題など、どなたでも参加できる会なので、気になる方はぜひこちらを覗いてみてくださいね。

家庭教育推進協会ブログ

 




Pocket

 

先日の第3回オンライン親の会の感想をいただきました。
参加いただいた皆様、ありがとうございます。




 

コメントいただきました!

 

tomoさんのコメント

昨日は本当にありがとうございました😊 皆さんの笑顔に元気をいただきました。
昨日とうとうSNSにも初めて入ることができ、世界が広がりました。
またよろしくお願いします。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Hさんのコメント

昨日はお疲れさまでした。
親の会を開催してくださりありがとうございました。
皆さんの悩みや質問に対して、先生方や相談士の方々が丁寧にアドバイスされていたのが印象的でした。とても勉強になりました。
早く対面での親の会が出来るようになって欲しいです。

 

くうさんのコメント

昨日は皆さんのお話をお聞きすることができ嬉しかったです。たくさん元気をいただきました。

開催の準備、打ち合わせ、進行等本当に大変だと思います。いつもありがとうございます。貴重な場を作って下さってありがとうございます😊

 

Nさんのコメント

親の会の開催、本当にありがとうございました!
まだまだ自分が相談している状態で、あんなに皆さんにアドバイスが出来る相談士になれるのかしらと、あらためて皆さんの力を感じました。
アドバイスいただいた家族会議、近々します。頑張ります😊

 

 

きのこさんのコメント

全国でのオンライン親の会も三回目となって、お久しぶりの方、初めてお顔を拝見できた方とも繋がれて、とても嬉しく有意義な時間を過ごせました😊

 

子どもが不登校を経験すると、親も心が孤立しがちになると思います。
支援を受けて、先生方に支えて頂いた事に加えて有り難く感じたのが、不登校の辛さを経験し同じ支援を受けた方々と繋いでくださった事です。

 

現状報告や今何で悩んでいるか、そしてどう成長できたか、悩みを共有し、成長を共に喜べる親の会は大事な場です。
今回も全国の皆さんの状況、不安や頑張り、そして卒業、進級進学などの嬉しいご報告、盛り沢山でした。
これまでの参加で不安を話しておられたお母さんが、子どもさんの成長を報告してくださる姿に、思わず目頭が熱くなり、とても感動しました。

 

会に参加する毎に、おひとりおひとりにアドバイスくださる先生方の記憶力や手法、答えの引き出しの多さに驚かされます。
先生方が救った親子は全国あわせるとすごい人数だとわかっているだけに、一軒一軒に愛情を注いでくださってるんだと毎回感じています。

また、今回は他の相談士の方々が落ち着いて話され、皆さんが安心できる聞き方をされている事、すごく勉強になりました。
私自身は自分の経験をお伝えしたとしても、またそのご家庭の状況にあっているとは言えないので、アセスメント力をもっとつけようと反省しました。

 

グループセッションでご一緒させて頂いた皆さんに感想をお聞きしたら
「ひとりではない」「心の中がスッキリした」「相談できる場がある」などと、皆さんまた参加したいとおっしゃってくださり、それがとても嬉しかったです😊

 

この時期、復学に向けてお忙しい時期だと思います。先生方いつもありがとうございます。
参加してくださった皆さん、
ちゃろさん、ロータスティーさん、ちーこさん、あんずさん、どうもありがとうございました。

今回参加出来なかった皆さん、また次回お会いできますように。

 

 

ちーこさんのコメント

第3回オンライン親の会お疲れ様でした。
季節柄、卒業、進級、合格と嬉しい報告をお聞きする事ができ、とても大変な時期を乗り越えてきた方達が笑顔で嬉しい報告をされているのを拝見して胸が熱くなりました。

親が諦めずに頑張る事で明るい未来がやってくる、そう思える幸せな時間でした。

 

新しい方も参加されていましたが、渦中の時は本当に大変だと思います。
でも決して一人ではないし、頼もしい先輩たちが沢山いらっしゃるので先輩たちにお話を聞いてもらいながら乗り越えていってほしいなぁと思います。

 

今回も沢山の方にお会いできて嬉しいです。
お一人お一人のお顔が思い浮かびます。参加された皆様ありがとうございました。

お忙しい中お時間作って下さりアドバイス頂いた藤本先生、A先生、ありがとうございました。感謝致します。

そしてお世話役の皆様ありがとうございました。ちゃろさん、ロータスティーさん、きのこさん、あんずさん、これからもどうぞよろしくお願いします!

 

長時間の会となりましたが、皆様の愛あふれる姿に会の終わりには幸せな気持ちになりました。沢山の元気も頂きました。
改めて親の会って温かい掛け替えのない場所だなと思いました。

皆様と一緒に素敵な時間を過ごせた事に感謝致します。
またお会いしましょう。
ありがとうございました😊

 

参加の皆様、コメントありがとうございました。
今回は、ロータスティさん・あんずさん・ちーこさん・きのこさん・ちゃろで親の会の準備をさせていただきました。
今回都合がつかなかった方も、ぜび次回お会いできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました(^^)/

 




Pocket

 

3月27日に第3回のFHE親の会を開催しました。

zoomを使ってのオンライン親の会も三回目です。

 




 

【第3回 FHEオンライン親の会 詳細】

 

日時 2021年3月27日(土曜日)

時間 13時半~17時

参加 FHEで支援をている親・支援を卒業した親 25名

藤本先生・訪問のA先生

 

年度末の忙しい時期にも関わらず、お時間を作っていただいた先生方、ありがとうございました。

藤本先生は、移動の車の中からのご参加でした。携帯の電池は大丈夫だったでしょうか。

 

全体会の一部とグループに分かれての2部の構成でした。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

一部 全体会

 

13時半スタートで支援の新しい方からお話いただきました。

今聞いてみたいことや悩んでいることなどもお話いただき、それに対して先生がコメントしていただくという形です。

 

一人3分予定で15時までのはずが、お話がはずんでしまって、時間オーバー気味でした。

時間管理が甘くて申し訳ありません。

 

高校合格・大学合格といった嬉しいお話もたくさん聞けました!

もちろん、すべて問題なしというわけではなく、新たな人生のステージにあがって問題に対応している方もおられます。

そんな方には、先生のコメントや経験している方の体験談など聞かせていただきました。

どんなに大変と思うことでも、ここではみんな一緒。同じ経験をしている仲間です。

 

訪問のA先生から素敵な言葉をいただきました。

『どんなに大変な問題でも、親が子のことを思ってあきらめなければ、私たちが支援をする方法は色々あります。』

 

A先生の言葉は、本当に実感できます。私も、息子の不登校中に親としてやり残したことがないか、まだ出来ることがあるんじゃないかと考えFHEの支援を決めました。

 

 

2部 グループトーク

 

zoomのブレイクアウトルーム機能を使って少人数でのグループトークをしました。

時間が少し超過していたので、退出された方もいて最初は6グループの予定でしたが、5つのグループに分かれてお話していただきました。

 

今回、私自身も少し聞いてほしいことがあり、同じグループになった方に聞いていただきました。

 

我が家の悩みは

 

今お父さんが休業中で家にいます。不登校を経験した息子は26才で働いています。すると、家にいるお父さんと息子との関わりが増えて、ちょっとしたことでお父さんと息子の仲がギクシャクとした感じに・・・

 

お父さんから、風呂の蓋の置き方で注意があったり、お昼ごはんを食べるのかどうかで、もめたり、夜中に息子が洗濯をしたのが気になったり。果ては、「あいつは俺のことバカにしてる」と息子の言葉にお父さんがイライラとしていました。(横で聞いていましたが、決してそんなことはないんですよ(^^;))

 

どれも、本当にささいなことです。それでも、我が家の特徴というか、会話をうまく続けるのが苦手な息子と細かいことが気になるお父さんという組み合わせはちょっと問題となります。

 

不登校中は、お父さんも黙って見てくれていました。そして、母親の私が間を取り持って、息子の聞く耳ができている時を見計らって息子に伝えたり、お父さんの我慢に感謝を伝えたり。なかなか母親の役目も大変です。

 

そんな土台のある我が家なので、復学支援の中で家庭の形を整える方法を教えていただき、色々と経験しました。不登校中の経験があるからこそ、今の問題も軽くてすんでいるのを実感します。あの経験がなければ、もっとひどい親子喧嘩に発展していたかもしれません。

 

同じグループの方にうちも同じようことがあったよと言ってもらって、とっても嬉しかったです。そして、仕事に行くことのできないお父さんのイライラも気づかせてもらいました。でも、母の愚痴もどこかで吐き出さないといけませんよね。

いつでも聞いてあげるよと言ってくださった先生の言葉だけでも、もう結果オーライです(^^;)

 

 

最後に

 

最後に訪問のA先生からもお話をいただき、終了となりました。

3時間半という長時間にもかかわらず、最後までお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

今回都合がつかなかった方もたくさんおられると思いますが、又次回夏頃?にお会いできれば嬉しく思います。

 

参加いただいた皆様からもコメントをいただきました。次回は、そのコメントをご紹介しますね。