Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/asagi53p/futoukoufukugakusien.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
tyaroが投稿した記事 - 4ページ目|不登校から自立へ〜復学支援から学んだ家庭教育
投稿者:tyaro
Pocket

 

先日の親の会に参加いただいた方からコメントをもらいました。

一部ですが、ご紹介させてください。




 

コメントいただきました!

 

ちいちゃんさんのコメント

今日はありがとうございました!オンラインで平日の子どもたちのいない時間で参加出来てよかったです(^_^)

 

15:00には末っ子が帰宅してしまうので、もし、先生と話せなかったらギリギリ退出かな…と思ってたんです。

小学2年生の末っ子帰宅ギリギリ終わりほっとしました!

私はオンラインの平日だと参加出来るので、嬉しいです

 

藤本先生の声も聞けて近況報告も出来てホントよかったです
はじめてのzoomだったのですが何とか繋げれてよかったです。
統括や打ち合わせなどありがとうございました♡

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

きのこさんのコメント

 ちゃろさん、今回もブログでの告知や報告、ホストなどたくさんお世話になりありがとうございます!

関東、関西のzoomでの親の会も2回目になり、今回も皆さんのお顔を拝見しながら、お話をお聞きできて嬉しかったです。参加された方のお子さんの年齢も幅広く、皆さんやお子さんの頑張ってこられた経緯を、自分と重ね合わせながらお聞きしていました。

 

登校に関して、クラスでのポジション、友達との関わり、進路や将来の夢、就活や仕事、体調不良、メンタル的な事、そして年齢が上がって出てくる問題。支援が始まり復学させて頂いた渦中の頃は、家庭教育の基礎にのっとり、我が家にあった対応を教えていただきながら積み重ねてきました。

 

皆さんもそれぞれの家庭にあった対応を学び、実践し、頑張っておられるんだなあと思いました。支援卒業後、高校生、大学生や社会人になり、家庭教育を積み重ねながらも起こる問題に、それぞれが向き合って頑張っておられるお話も、自分のケースと重ね合わせ考えさせられました。

 

我が家もお世話になった長男はメンタル面との戦いの連続でしたが、訪問の先生方や藤本先生のお力があったからこそ、いろんな問題を乗り越えてこれたんだとあらためて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

今回も先生方のアドバイスは、支援中の方はもちろん、支援を卒業した方にも参考になり、力を与えてくれるものだと思いました。
その時代に応じた対応を学び続け、子どもを信じ応援できる親子関係を作ることが大切だとアドバイスをお聞きして感じました。

一人で悩まないでという坂下先生のエールに、胸が熱くなりました。

 

参加された皆さん、ありがとうございました。
司会進行や挨拶、ブログ告知や参加された方々との細かいやりとり、事前準備、などしてくださったロータスティーさん、あんずさん、ちーこさんありがとうございました。お任せきりですみませんでした。

そして、お一人お一人にアドバイスくださったS先生、駆けつけてグループセッションに参加してくださったA先生、お時間ギリギリまで皆さんに話を聞き、アドバイスくださった藤本先生、お忙しい中ありがとうございました。

 

嬉しい報告は共に喜び、悩みは共有し、一緒に考えることができることに感謝です。

次回また皆さんにお会いできる時を楽しみにしています。

 

ちーこさんのコメント
第2回オンライン親の会お疲れ様でした。
前回に続き2回目とあって操作も慣れてきたように感じました。そして、やはり皆さんのお顔を拝見しながらお話をお伺いできるのはとても嬉しいです!!
皆さんありがとうございました(^^) 

全国の何処からでも参加でき、どの地域の方とも交流できるのはオンラインの良さですよね(^^)今回は平日のお昼ということで子どもさん達の事を気にせずに参加できた方が多かったようで、その点はよかったのではないでしょうか。

 

お忙しい中、先生方もご参加下さいました。藤本先生、S先生、A先生、ありがとうございました。感謝致します。
先生方の皆さんへのアドバイスは大変勉強になりますし、今迄教えて頂いた事を再確認する場にもなります。S先生の温かいお言葉に胸がいっぱいになったり、皆さんのお話をお聞きして当時の色々な事を思い出し、皆さん頑張って!、すごく頑張ってるよ!、成長してるよ!、等々様々な気持ちが込み上げてきました。

 

そして何度も転けては立ち上がり、何度も立ち止まりながらも少しずつ進んでいる次男の事を思うと、今があるのは先生方のおかげだなと前回同様またまた感謝の気持ちでいっぱいになってしまいました。

子どもの事は勿論の事、母親の事もよくわかって下さっている先生方がいらっしゃるだけで嬉しく心強いです。

 

グループセッションではA先生がご参加下さり、始終和やかな雰囲気で楽しい時間となりました。
皆さん訪問の先生がA先生ということで、子どもさん達のお名前が飛び交う中様子をお話下さいました。
気持ちが解れる時間でもありました。

A先生、ご一緒させて頂いた皆さんありがとうございました。

 

皆さんとお別れするのは名残惜しいなと思っていたら最後に藤本先生がお一人お一人にお声をかけて下さり、子どもさん達やお母さん達への愛情をたっぷりと感じました。感謝しかありません。ありがとうございます。

 

どの学年・年齢になっても様々な悩みがありますが、安心して聞いてもらえる場所があることで前へ進める気がするのは私だけではないと思います。
毎年開催されていた親の会も今年はコロナ禍でオンラインという形に変わりましたが、私にとって大切な場所だということに変わりはありません。
喜びも悲しみも皆さんと分かち合える場所に今までどれだけ勇気づけられたことでしょう。

 

顔を見合わせるだけでホッとしたり皆の笑顔で元気になったり、話を聞いてもらって気持ちが楽になったり勇気をもらったり、一緒に笑ったり泣いたり……、そんな、一人じゃないんだって思えるような温かい親の会を、時代と共に形は変わりゆくかもしれませんが、これからも長く続けていけたら素敵だなと思いました。決して一人で悩まなくてもいいように。

 

前回と今回を通して直接お話できなかった方もいらっしゃり残念でしたが、また次回に期待したいと思います。
今から第3回が楽しみです!笑

皆さんにまたお会いできる日を楽しみにしています(^ ^)

 

最後になりましたが、お世話役の皆さんありがとうございました。
ちゃろさん、ロータスティーさん、いつもブログでの親の会のお知らせ・報告ありがとうございます。
準備から当日まで皆さんのお気持ちがひとつになり進めてこれた事嬉しく思います。
私一人の力は微力ですが、皆さんのお力でここまでこれたことに感謝しています。

ちゃろさん、ロータスティーさん、あんずさん、きのこさん、本当にどうもありがとう!
まだまだ一緒に走っていきましょうね。笑

これからもよろしくお願いします(^-^)

 

最後に

 

こちらのブログは、関西の方からいただいたコメントをのせています。しかし、今回は関東の方ももちろん、参加の全国対応!

関東の方のコメントは、ロータスティさんのブログでアップされますので、お楽しみに♡

 

ロータスティさんのブログ

今日の笑顔に感謝

 

又、次回に向けて皆さんの感想や希望など、どんどん伝えてくださいね。



Pocket

 

先日、2回目のFHEの親の会をオンラインで行いました。全国対応でFHEの支援を受けている方や卒業生が集まりました。

 

オンライン親の会の1回目は、日曜日の昼間に開催でしたので、今回は、平日の昼間という時間をあえて選んでみました。
日曜日が良いという方もいましたが、子どもが家にいるので落ち着いて話せないという声も聞かれたので、2回目の今回は子どもが学校へ行っている間の時間を使っての開催となりました。
途中で子どもが帰ってきたらどうしよう?という心配もあった方もおられたと思います。実際に終了後にすぐお子さんが帰宅された方もいたとか(^^;)

土日がいいのか、平日がいいのか、皆さんのご意見をいただきたいところです。




親の会の詳細

日時   2020年9月30日(水曜日)

時間   11時開始(入室は10時半より)

参加人数 25名

藤本先生・S先生・A先生

参加者のお住まい 東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・北海道・大阪・滋賀・京都・奈良・兵庫

 

第一部 11時~13時半

1人3分程度で、お話しいただきました。

自己紹介・子どもさんの状態・悩み・聞きたいことなど、みなさん事前にまとめていただいたおかげで、前回よりも時間に余裕ができました。
みなさんからの質問には先生方がお答えいただきました。

 

 

第二部 13時半~14時

 

今回は、5グループに分かれて、お話しいただいきました。
前回、このグループわけがうまくいかずに四苦八苦したのですが、今回は比較的スムーズにいきました。

最後に全体に戻り、藤本先生からもお話しいただけました。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

みなさんの質問のダイジェスト

 

今回は、中3受験生が4名・高3受験生2名・大学就活生1名と進路の問題真っ最中の方もたくさんおられました。それぞれに、先生方からのアドバイスをいただいていました。
又、高校1年生も4名と新たな高校生活に頑張っている様子も聞かせていただきました。
(社会人になっているお子さんも6名と多くなってきました)

みなさん、色々なステージのお悩みが出てきました。

 

受験体制になかなかならない

コロナの影響で、例年より受験のイメージができるのが遅い印象があると先生からもお話がありました。親としては、大丈夫なのかと心配になるところですが、今年の傾向なのかと伺うとちょっとは安心ですよね。

 

ちなみに、我が家の高校受験の時は夏休み終わってもまだまだ受験生という様子もなく、志望校も決まっていなくて、私も藤本先生に大丈夫でしょうかとよく聞いていたものです。
結局我が家の息子は、11月になってやっと進む方向が見えてきて、勉強を本格的にしたのは年明けの塾だけだったように思います。
受験生の皆さんは、色々心配なことも多いですが、ここは親の心配を移さないようにしたいものです。

 

進路の問題

高校生の受験の場合は、進路のことでも結構ヤキモキしたものです。
ゲームやアニメの仕事をしたい。声優になりたい。美術の学校へ行きたい。
色んな希望がでてくるのもこの時期ですよね。今回もそういった相談もされている方がいて、先生方のお返事がなかなか興味深い物でした。

 

というのも、我が家の娘が声優になりたいと言っていた過去があります。その時親は『そんな現実的でないことを言っていないでちゃんと考えなさい』と言ってしまっていました。でも、この返答はNGだったようですよ。

 

先生からのアドバイス

親が知らない分野の仕事に関して、つい親の心配が先にたち反対してしまう傾向がありそうですが、ここで真っ向からの反対はよくありません。

親は許容できない人もいますが、今の時代はそれが荒唐無稽なことでもありません。実際にその仕事をするかどうかはおいておいて、子どもの夢を応援できる親子関係を作ることが大事です。
否定せずに、お母さんわからんから教えてと言えるようになりたいですね。

 

ゲームオタクで声優になりたいと言っていた娘は、情報学部に進んで、紆余曲折ありましたが、情報関係の仕事についています。
何がきっかけになるかわからないものです。

 

大学の進路の問題

大学の進路の問題には、親も右往左往して一喜一憂してしまいがちです。そんな私たちの質問に先生からアドバイスをいただきましたよ。

 

先生からのアドバイス

進路に関してはダメになっても、次を選べるように視野を広げることが大事です。
親は応援するスタイル・ダメでも頑張ったと思うよと言ってあげる。
子どもは、一人でどうにかしなきゃになりやすいですが、「〇〇ちゃんは頑張れると知っているからお母さんは心配していないよ。」と言ってあげてください。

 

色んな人生の場面に直面している私達に先生からエールをいただきました。

 

先生からのエール
子どもが大きくなっても問題はでることがあります。
親の問題・子の問題、どちらもあります。頑張ってきたけど問題が出る時があります。そんなときは、子どもが止まっているのに親も止まっていたらよくありません。一人で悩まないで、相談してくださいね。

 

 

最後に

 

今回は、世話役5名(ロータスティさん・あんずさん・ちーこさん・きのこさん・ちゃろ)でがんばりました!

  • 事前に日程の決定
  • 先生への報告
  • 親の会告知
  • 参加者の対応
  • 参加者の順番・グループわけ等々

事前にみんなで話しながらすすめましたが、至らない所もあったかと思います。参加者の皆様のご協力で無事に終わることができました。

 

お忙しい中参加いただいた先生方・皆様、ありがとうございました。今回参加出来なかった皆様、ぜひ次回はお会いできるのを楽しみにしています。

 



Pocket

 

我が家がお世話になった復学支援機関のFHE(ファーストフォームエデュケーション)のオンラインでの親の会が決まりました。

前回5月に初めてオンラインで開催し、2回目です。

 




オンライン親の会詳細

 

日時 2020年9月30日(水曜日)

 

時間 午前11時~
(30分前から入室可。途中入室・退出は自由にお願いします)

 

対象   FHEで支援を受けている方・支援を卒業している方

 

参加費  無料

 

方法   zoom使用によるオンラインミーティング

 

 

申し込みに関しては、今までに親の会に参加経験のある方は、関東・関西の世話人よりご連絡します。連絡手段がわからない場合は、藤本先生へお問い合わせください。
こちらのブログのコメント欄を使用していただいてもかまいません。

 

オンラインですので、関東・関西はもちろん全国のFHEクライアントが対象です。

ロータスティさんのブログでもご紹介いただいています。

今日の笑顔に感謝

 

関西の方で以前に参加経験のある方には、お知らせしていますが、参加ご希望の方は、できるだけ早くお知らせください。

 

前回は、日曜日開催で家に家族がいるから参加が難しい方もおられ、今回は平日の昼間に時間の設定をしてみました。

再登校すぐの方は、子どもが登校したらという条件付きの方もおられます。もちろんはっきりわからなくても大丈夫ですよ。

皆様の参加をお待ちしております。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

Pocket

 

 

息子が中学3年生の5月末にインフルエンザによる臨時休校がありました。

その時の様子です。

 




 

インフルエンザで休校になっていた学校が始まりました。おかげ様で、我が家で体調不良はありませんでした。

休校中の1週間の間、子供達がどうやってすごしていたか、実際のところは、?です。

親はずっと仕事で昼間はいません。お昼の材料だけ用意しましたが、あとは、自分でやってねとお任せ状態です。

本当に適当にしていたようで、朝も結構遅くまで寝ていました。

 

休み中は学校の先生方が2回もまわってきていただきました。先生方、本当にお疲れ様でした。連絡プリントと課題のプリントをいただきました。健康カードというものもありました。

 

課題のプリントもやっている気配がない。
朝、起きてこない。
パソコンとゲームばかりしている。

こんな様子をみていると、つい1年前の不登校中を思い出します。いつまでも、この感覚はついてくるのでしょうか。

 

インフルエンザによる休みの2日目は、ちょっとだらけた様子です。
今日は何曜日?と、わかりきったことを聞いてきます。時間が早いような、遅いようなといった感じでしょうか。

母
早く(休みが)すぎてほしい?
あたりまえやろ
息子
息子

う〜んちょっとうれしい (^_^)

 

今の息子は授業再開を楽しみにしています。でも、よく聞いてみると家庭科の調理実習が待ち遠しいようです、やっぱり「食いしん坊」な息子です。
「ゴーヤチャンプルーが食べたい〜」って!

 

学校再開前の日曜日の夜には、翌日の朝の心配がありました。(ちょっとだけね)
月曜の朝、息子は朝5時から起きてきました。本当に、朝起きれるようになるものなんですね。

課題のプリントも終わらせていました。
勉強机を使ったあとがありましたが、答えがあっているかどうかまでは…

 

朝、元気に登校しました。
夜、息子は『疲れた〜』と9時すぎから寝てしまいました。
息子なりに、頑張った一週間だったようです。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

コメントいただきました

 

コメント(メリーベルさん)
五時からおきているなんて、すごいですね。

行くのが当たり前と思えば、ちゃんと動けるんですね。親は子どもにできないを前提にしてしまいがちだけど、しっかり前に進んでいることがわかって嬉しいですね。この急で困った長いお休みも、ちゃろさんや息子さんにとっては収穫ありだったのではないでしょうか。

それにしてもインフルエンザにかからなくてよかったですね。まだまだ油断は禁物ですが、学校が再開されたのは何よりです。ずっと家にいろなんてたまったものじゃないですね。早く沈静化してほしいと願っています。(こっちの方にはいつ来るかひやひやしてます)

→メリーベルさんへ返信(ちゃろ)
休み明けは、少々不安でしたがなんとか前進しているようです。まだまだ極端なことが多い息子ですが、気持ちは学校へ向いていることを喜んでいいんですよね。なかなか親の方が、心配を忘れることができません。

再登校すぐのお宅があれば、きっとこの不安も大きかったのだろうと思います。メリーベルさんに、収穫アリと言ってもらえてうれしいです~

 

コメント(ふーみんさん)

息子さん、リズムが出来ていたようでよかったですね。早朝から起床するなんて登校することを楽しみにしていた様子がよくわかりますね。まだ支援中ですが、息子さんかなりの成長されたのではないかと思い、私も嬉しく思います。

うちも昨日から学校再開。朝は変わりの無い朝でしたが学校、クラブ、塾と急に忙しくなったので息子は疲れていた感じはありました。

インフルエンザ、ちゃろさんの市でも発症はありませんよね?うちも発症はないですが、健康管理には気をつけたいものです。

→ふーみんさんへ返信(ちゃろ)

5時起床は、お姉ちゃんにじゃまされずにパソコンをしたいから~ということもあるんですが、本当に朝は起きれるようになりました。藤本先生や訪問の先生方に感謝です。

中々息子の成長はわからないのですが、こうしてふーみんさんに励ましていただくと、とってもうれしいです!ありがとうございます。

家族にインフルエンザはいませんが、本当に健康管理には気をつけないといけませんね。

 

コメント(みかんさん)

こんにちはこの前は一番に(ぶにん先生の以外で)コメントしてくださり、とっても嬉しかったです。ちゃろさんところ、休校していたのですね。学校の長い休みのあとは、ドキドキしていた私を思い出しました。その時は『ピンチはチャンス!』なんて思いながら、なんかあってもこれからのプラスになると考えて過ごしていたなあ。。。
親が考えているより、子どもはたくましくなっているものなんでしょうね。ちゃろさんのブログ、最初の方とパソコンのところを読ませてもらいました。

私の知らないこともあり、勉強になります。

ボチボチと読み進めていきたいと思ってます。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。

→みかんさんへ返信(ちゃろ)

こちらまで来ていただき、ありがとうございます。じつは、我が家はまだ支援中なんですね~朝の登校がやっと、ちょっとだけ安心できるようになったところです。なので、『ピンチはチャンス!』の心境には届いていませんが、ぜひ覚えておきますね。

不登校を乗り越えた先輩であるみかんさんには、色々教えていただきたいです。これからもよろしくお願いしますね。

 

 

 朝起きられないのは誰のせい?

 

『朝自分で起きてこない。だから起こしにいかないといけない。だって自分では起きられないから。』
これが、息子の中学校時代の親の私の意識でした。

でも、これって私が息子のことを信頼していないという結果だったのかなと思います。病気でもない限り起きられないということはないんだと幾多の朝を迎えて、やっと親が息子を信頼できるようになりました。

 

今は、仕事のある日でも起きてこないと、さすがに同じ家にいるのだからと声だけはかけますが、息子の学生時代のようにつきっきりで心配しなくてもよくなりました。息子が成長したのか、母が成長したのか?(^^;)

 

理屈では理解できていても、なかなか難しいこともあります。
今、朝起こすことで心配している親御さんは、心の底で起こさなくてもこの子は大丈夫と知っていてください。それでも、そんなにすぐには見守るということはできません。ゆっくりでいいので、理解することも大事です。

自分の子が学生の間は、ずっと起こしても良いと思えるなら、それでもOKだと思います。
そんな我が家でも、今では穏やかな朝が過ごせるようになりました。

 

コロナ禍における長期の休校。まさかこれほど長期になるとは思いませんでした。きっと当時の私なら、いらない心配もたくさんしていたと思います。

これも、経験と思えるようになりたい物ですね。