Pocket


復学支援という言葉を知っていますか?

以前は病気で入院している子供のための学校へ戻る援助を指す言葉だったようですが、今は不登校になった子供で本当は学校に戻りたいのにもどれない。ちょっと休んでしまったらなかなかきっかけがなくなり登校できなくなった等々

不登校から学校へ戻ることを支援(手助け)する機関をさします。我が家が依頼したFHEも復学を有償でサポートしてくださる民間の機関です。

学校へ行きたくてもいけないという子供たちの心の中にある本当の声をくみとって支援をしてくださいます。

支援依頼から登校までの簡単な流れを書いてみましょう

我が家は4月22日にインテーク(初回相談)

翌日に依頼

会話ノートを作成
一週間分くらいの会話をノートに書いて、おくります。
主人との会話・兄弟との会話・一人の時の会話もありのままかきます。
荒れた時は、その前後の会話や態度も書きます。

登校刺激(5月22日)

訪問の先生が不定期に訪問

学校との打ち合わせ

前日の学校訪問

登校(7月4日)
訪問の先生が早朝から対応</div>

登校への支援は、ここからがスタートです。