投稿者:tyaro
Pocket

 

恒例の夏のFHEの親の会が開催されました。そのご報告です。

 

我が家が息子の不登校で支援していただいたFHE(ファーストホームエデュケーション)の親の会は年2回。

我が家が初めて先生にご縁があってから14年!親の会も10年を超えました!

 

今はコロナ禍の影響もありオンライン開催となっています。その代わり全国の皆さんと一同にお顔をあわせることができます。

 




 

親の会詳細

 

第6回 FHEオンライン親の回詳細

日時:2022年7月30日(土曜日)

時間:13時30分~16時30分

zoomを利用したオンライン形式

参加者:FHEで支援中及び支援卒業生 16名

藤本先生・訪問のA先生

第一部 皆さんの近況報告と先生からのコメント♡

第二部 グループに分かれてのお話

 

FHEの親の会は、支援を卒業したお世話役が話し合って進行を決めています。

今回は、全体会の第一部とグループに分かれて第二部の2部構成でした。

 

一部 全体会

 

13時半から開始です。

お仕事の合間に参加してくださった方もいて、少しの時間でも参加したいと思っていただけたことに感謝です。

 

先生方からのご挨拶

最初に藤本先生から今の不登校をめぐる環境についてお話しいただきました。

スクールカウンセラーさんの方針の変更?というお話しもあり、我が家が渦中の時はお話しを聞いていただくだけだった印象ですが、今は少しかわってきてるとか。

良い方向に変わってほしいですね。

 

訪問のA先生からもコメントいただきました。

訪問で各家庭を支援されているA先生です。コロナ禍の大変さも親の気持ちもしっかりとつかんでおられます。

「今は夏休みで先の不安もあると思うけど、しっかり親も休んでリフレッシュしてください」という言葉が心に響いた親御さんも多かったようです。

開会の言葉

 

本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。
コロナもまだ出口が見えない日々が続いています。
そうした中での先生方の支援の大変さは、私達の想像を超える状況かと思います。
心より感謝したいと思っています。

今日は貴重な時間です。
集まってくださった皆様と一緒に
「他では話せないけどここでは話せる」
「こんな時どうしたらいいんだろう?」
「皆さんだったらどうされる?」など
色々と話していきたいと思っています。

FHEを通してつながった皆様と一緒に、「参加してよかったなー」と思える会に
できたらいいなと思っています。
暑い中ですが、水分補給しながらよろしくお願いいたします。
では、第6回FHEオンライン親の会を開催します。(byあんずさん)

 

皆さんの現在の状況と聞いてみたいことなどをお話しいただき、藤本先生にコメントをいただくという形式で進めさせていただきました。

 

支援当時は中学生が多かった家庭が、今はその先の道を見据えて進んでいる様子を伺うことが出来ました。

何もなく順調です!という報告ももちろんあるのですが、それ以上に予備校生で気になる・大学生で気になる・高校卒業を控えて気になる等々。

皆さんのご家庭のステージに併せて、色々な課題に立ち向かっている様子を一緒に勉強させていただきました。

 

トピックス

その中で今回私が特に気になった話題を取り上げますね。

①やる気スイッチの入れ方

②情報の把握と干渉の違い

 

①やる気スイッチの入れ方

 

どこかの進学塾のCMにもありましたが、「やる気スイッチ」ってどこにあるんだ(笑)と思っていたのですが、なんとスイッチの入れ方があるとか(゚Д゚)

私も子どもが学校に行っている時に知りたかった・・・

 

やる気スイッチという名前から子どものやる気が大事と親は思いがちですが、なんとやる気は関係ない!

「気持ちではなく行動が刺激となりスイッチにつながっていく」と伺いなるほど~と。

子どもに学習習慣ができていなければ親もフォローし、緩んでくれば又フォローをする。その積み重ねが子ども自身の物となっていく。

単語帳を見るだけでも、それが積み重なって習慣となる。

子どもが単語帳を見ている姿を見た親が「やってるね~」と声をかけることでスイッチにつなげることができる。

できていることを認めることで習慣化につながっていく。

学習習慣がとれているかどうかということが大事とのことでした。

 

②情報の把握と干渉の違い

子どもが大きくなってくると、親は子どもの様子が把握しにくくなります。

予備校生や大学生ともなると、朝1時間目がなかったり、今日は行かなくても良い日だったり、親は、どこまで口を出していいのか迷います。

 

中学生・高校生の時には、親の過干渉を直すことを念頭に対応してきた我が家などは、朝「起きなさい」という言葉一つをとっても、これは干渉になるのか?と躊躇してしまいます。

それでも、親が何も知らない状況では対応できなくなります。
塾の出欠がわからなければ、子どもに直接聞くのではなく塾に確認してから子どもと話しをするなど、情報の把握が大事とうかがいました。

 

我が家もよく塾の問題で先生に指導いただきました。行ったか行ってないかわからない時は塾長先生に問い合わせをしたりよくやってました。

 

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

 

第二部 グループトーク

 

第二部はグループにわかれてのお話です。

今回は、久しぶりに関東と関西にわかれてお話しさせていただきました。懐かしい方々のお顔を見て、はやく会いたいねぇと。

 

我が家の近況から考えること

 

我が家の支援を受けた息子は、今社会人として働いています。

その姿をみていると、勉強が苦手で他人とのコミュニケーションをとるのも苦手という息子の場合は、社会に出て絶対必要なことは、「あいさつ」と「大きな声で返事をする」この2点につきるように思います。

それも、支援の先生方が息子に少しずつ教えてくださいました。そしてそれが今社会の一員として役にたつことができています。

 

閉会の言葉

 

皆様お疲れ様でした。
第6回も皆様のおかげで無事に終わる事ができ感謝しています。

今回はグループセッションで初めて関東と関西にわけてみましたが、いかがでしたか?
それぞれの地区で親の会を開催していた懐かしい頃をちょっぴり思い出せた時間でもあったかなぁと思います。

早いもので、2019年の夏の親の会で実際にお会いしてから3年が経ちました。
この3年間というのはコロナ禍でとても大変で、その中でも其々に凄く頑張られて、子どもさん達成長されていて、そのお話を聞く度、毎回感動して胸が熱くなります。私だったらこの状況の中こんなに頑張れるのだろうかと考えたりもしますし、皆様の頑張りは素晴らしいなと思うばかりです。

皆様から沢山のパワーを頂いています。ありがとうございます。

 

嬉しい報告も沢山聞ける、そしてちょっとしんどいなぁという時に話を聞いてもらって共感してもらえる、そんな場所がある事を忘れず、そんな仲間がいる事を忘れずに、苦しい時に一人で悩むことのないように、皆で分かち合い成長していける場所が親の会だと思っていますし、そんな場所がある事に幸せを感じます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
今日も皆様にお会いできてとても嬉しかったです。

本日はお忙しいところご参加頂きましてありがとうございました。
先生方もお忙しい中お時間を割いて下さり感謝の気持ちでいっぱいです。

それでは、素敵な時間を過ごせた事に感謝しながらお別れしたいと思います。
ありがとうございました。
またお会いしましょう!(byちーこさん)

 

 

最期に

 

今回はロータスティさん・あんずさん・ちーこさん・ちゃろ(私)の4人で企画させていただきました。

 

今回は土曜日ということもあり仕事の都合がつかない方も多く、又学校見学などで参加できないという方もおられました。

 

貴重なお時間を割いてご参加いただいた先生方、お元気そうなお顔が見れて嬉しかったです。

 

参加いただいた皆様ありがとうございました。

今回参加の難しかった方も、時間はぜひお会いできるのを楽しみにしています



Pocket

 

今年も3月のFHEの親の会が開催されました。そのご報告です。

 

我が家が息子の不登校で支援していただいたFHE(ファーストホームエデュケーション)の親の会は年2回。今はコロナ禍の影響もありオンライン開催となっています。その代わり全国の皆さんと一同にお顔をあわせることができます。




 

親の会詳細

 

第5回 FHEオンライン親の回詳細

日時:2022年3月27日(日曜日)

時間:13時30分~16時

zoomを利用したオンライン形式

参加者:FHEで支援中及び支援卒業生 17名

藤本先生・訪問のA先生

第一部 皆さんの近況報告と先生からのコメント♡

第二部 グループに分かれてのお話し

 

ロータスティさんのブログでもご紹介しています

今日の笑顔に感謝

 

今回の特徴は

 

FHEの支援スタートは中学生が多いのですが、その子どもたちも10年がたつと社会人や、中には大学院への進学・就職といったお話も出てきます。

もし、あのまま動けなかったら今はなかったと思うと、今の悩みはとても嬉しいのですが、それはそれなりに親は心配がつきません。

 

復学支援開始当初は支援を受ければ何もかもうまくいって終わりというイメージがあって、又こけたとか親が心配しているとかいうと、批判があったりしたのですが、実際には親も子も変わるのは少しずつ!波の揺り返しのように又問題もやってきます。

その問題に立ち向かっていける親後さん集まりなんだなぁと実感した会でした。

 

それを如実に表したきのこさんの開始の言葉が素敵でした。

オンラインでの親の会も、参加してくださる皆様のおかげで第5回を迎える事ができました。

今回も全国の皆様と繋がる事ができて、幸せに思います。

長引くコロナ禍の中、進級、進学、就活と気の休まらない日々をそれぞれが送られてきたのではないかと思います。

どんな出来事も、どんな結果になっても、その時に親のできる事を全力でやりきれば、後になって振り返った時によかったなと思える日がくるはずです。

たとえ次の困難がやってきても、あの時頑張れたのだからと、また力が湧いてくるという事を支援の先生方に教えて頂きました。

今日は皆さんと、共に喜んだり、共に考えたりできる、有意義な時間を過ごせたらいいなと思っております。 (ロータスティさんのブログより引用)

 

支援の最初は先生にお任せで親は何もできませんが、それをスタートに徐々に親も勉強して成長していくのがFHEの支援なのではないでしょうか。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

 

進級問題

 

高校進学・大学進学はもちろん、大学院への進学まで色々な進学にまつわるお話がでました。

希望の大学合格のお知らせをいただいた方もいましたよ。

 

それぞれのご家庭の事例を聞きながら、先生からのコメントを聞ける場があるのはとても勉強になります。

 

家庭教育はいくつになっても大事!

 

我が家の支援を受けた息子は、今社会人として働いています。

先生に支援に入っていただいた当初は他人との会話で相づちも打てない状況でしたが、その息子が今社会で仕事をさせていただけているのも支援の結果です。

 

でも、家庭教育というのは子どもの学齢期だけに必要なものではないのだなと最近痛感しています。

なぜか、お父さんと息子はよく似ているので、反発も多いです。でも家庭教育を知っているからこそ解決に役立つ知識をもつことができたと実感しています。

 

 

最後は、ちーこさんの言葉で終了となりました。

早いもので5回目の開催となりました。

第5回も皆さまのおかげで無事に終わる事ができ感謝しています。

この2年の間、実際に集まる事はできませんでしたが、オンラインで顔をみながら喜びや悩みを共有できる場所があって良かったなと個人的には思っています。

何より一人じゃないと思える場所があるというのは素敵な事だと思います。

お話をお聞きする中、子どもさんたちすごく成長されていて、それは本当にとても嬉しいです。

また、お母さま方も家庭教育をしっかりとお勉強されているなぁと感じましたし、そんな皆さまと共に私も成長していけたらいいなぁと思っています。

(ロータスティさんのブログより引用)

 

 

今回のお世話役は

 

ロータスティさん・あんずさん・ちーこさん・きのこさん・ちゃろ(私)の5人で企画させていただきました。

 

もし、私も協力したい!という方がいればぜひお声をおかけください。

待ってますね(^^)/

 

今回は新しい方も何名か参加いただけました。

時期が3月末ということもあり、社会人になる・大学に入るから新生活の準備で参加できないという方もおられました。それはそれで嬉しいことですね。

 

 

次は、こんなことをしたいなどご要望があれば、ぜひお知らせくださいね。

 

貴重なお時間を割いてご参加いただいた先生方、お元気そうなお顔が見れて嬉しかったです。

 

参加いただいた皆様ありがとうございました。

今回参加の難しかった方も、時間はぜひお会いできるのを楽しみにしています



Pocket

 

先日、FHEの親の会を開催しました。今日はそのご報告です。

 

私が息子の不登校で支援を受けたFHE(ファーストホームエデュケーション)では年2回親の会を開催しています。

実際に皆さんにお会いして色々とお話しするのが貴重な機会でしたが、今は残念ながらコロナの影響で集まることがかなわずオンラインでの親の会開催となっています。

支援を卒業した有志が集まっての開催ですので、試行錯誤で開催ですが、もう4回目となりました、

 




 

親の会詳細

 

日時 2021年9月26日(日曜日)

時間 1時~5時

zoomを使ってオンラインで開催

参加 全国のFHEの支援を卒業した親御さん及び支援中の方

 

今回は、22名の参加をいただきました。

オンラインのいいところは、途中参加OK・途中退場OKです。

今回も、途中から参加の方や、お仕事の合間に参加していただいた方など、皆さんご自分のスタイルで都合をつけて参加いただきました。

 

第一部 全体会 皆さんお一人ずつの近況や聞いてみたいことなど

第二部 5つのグループにわかれて個別でのお話し

詳しくはロータスティさんのこちらブログをご覧ください。

今日の笑顔に感謝

 

 

今回の特徴は

 

詳しくはロータスティさんがブログに書いてくださっているので、こちらのブログでは、私が感じたことを書かせていただきますね。

 

毎回参加してくださっている親御さんも何人もいます。その方達が悩みながらもどんどん成長していっているのが印象的でした。

前回の3月には就職の問題を気にしていらした方が、今はその先を見据えておられたり、大学生になったお子さんが次の進級の問題に直面していたりと、各家庭様々です。

 

一般的には、大学に入学したらもう子育ては終わり思えるのですが、実際にはまだまだ色々な山あり谷ありです。

 

楽しく大学生活を送っている方もいれば、単位の問題があったりする方も色々です。そのため、その対応方法も色々になります。

休学した方がいいのか、留年した方がいいのか、退学した方がいいのか。

こればかりは、各家庭によって答えが違います。でも、FHEの親の会では、そんな色々な道を選んだ方のお話しを聞くことが出来ます。どれが我が家にとってぴったりの方法なのかを自分で判断しなくてはいけませんが、これも親の勉強ですね。

 

以前に、先生から子どもが大きくなって悩んでいる時には、答えを親が用意するのではなく、子どもが悩みを聞いほしいと思える親になることが大事。逆をいえば、子どもが今何を問題と思っているのか見守ることが大事と聞かせていただきました。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

大学の進級問題

実は我が家の娘も、大学3年時にこの進級問題に悩みました。

勉強がというより、部活の人間関係で躓いたようすでした。娘は友人(ネットの)のアドバイスをもらって、休学する方向で相談してきました。1年休学してから大学に戻りたいと。

この時には、我が家も親子会議をして、対応にあたりました。

しかし、娘の場合は部活の人間関係が原因なので、1年休学しても復学したら又同じメンバーに顔を合わせる可能性大です。そのため、我が家は休学は親としてOKできない。とし、直接大学に連絡し親が状況を確認するという方法をとりました。

 

これとは逆に休学を選択したご家庭もあります。

本当に何が正解かわからないのが、子育てですね。

 

再登校前は

 

今回は、再登校前の親御さんが参加くださいました。

この再登校前の時期は、とても不安で悩みがつきません。支援を受けた方皆さんに共通したことです。今回も、とても不安に思っておられる様子で、皆で応援です。

 

私からも、何でも先生に連絡してくださいねとお願いしておきました。

こんなこと先生に連絡していいんだろうか?子どものことじゃないのにダメだよね?とか

色々グルグルしてしまうのがこの再登校前の時期です。

でもここを先生の支援を受けて通り抜けて皆さん親子共に成長していかれるんですよね。

がんばってください!

 

今回のお世話役は

ロータスティさん・あんずさん・ちーこさん・きのこさん・ちゃろ(私)の5人で企画させていただきました。

いつも時間オーバーとなってしまい申し訳なく思っています。でも、皆さんの真剣な想いをきくとなかなか短くするのも難しいのはわかるので難しいところです

 

皆さんがお話しされる順番は、グループ分けなども色々検討しながら決めさせていただきました。

次は、こんなことをしたいなどご要望があれば、ぜひお知らせくださいね。

 

参加いただいた皆様ありがとうございました。

今回参加の難しかった方も、時間はぜひお会いできるのを楽しみにしています



Pocket

 

前回の記事で家庭教育推進協会主催のお話し会のご紹介をさせていただきました。
お話し会に参加された相談士のちーこさんときのこさんから、感想をいただきました。今回はそれをご紹介させていただきます。

 

 

ちーこさんの感想

 

お話会・懇親会に参加された皆様お疲れ様でした。当日は私も相談士として参加させて頂きました。

 

お話会は同じ境遇の方々の共通の悩みや其々の悩みで話が尽きない中、共感する気持ちやお互いを思いやる気持ちが溢れる優しい時間でした。あっという間に終わってしまい少し時間が足りないように感じました。

 

参加にあたっては少しの躊躇いもあったかもしれません。でも勇気を出して参加して頂いたことでお目にかかれてお話を伺う事ができました。

そして今いる場所から少しでも前に進みたい、そんな思いを強く感じました。

 

相談士としてというより同じ母親としての立場から当時の自分と重ね合わせて自分だったらどうするだろう何ができるだろうかと考えを巡らせたここ数日でした。

 

懇親会の方はベテランママさん達の苦しい時期を乗り越えての今の笑顔が眩しくもあり、何気ない日常の小さな幸せにも気づく事ができ感謝できるようになった私達は幸せなのだなぁと深く感じた時間でもありました。

懐かしい方々と久しぶりにお話もでき心が満たされました。

 

思えば私自身、悩みを聞いて頂いたり他の方のお話を伺える場に参加する事で心が軽くなり、気持ちが分かり合えたり自分一人だけではないのだなと元気をもらったりしました。

 

子育ての悩みに疲れ果てながらも向き合えたのは、そういった同じ経験をされた方々との交流があったからこそだと思えるのです。今回のお話会も参加された方にとってそういう場になれば良いなと考えていましたし、また、そうであったなら嬉しく思います。

 

お忙しい中、悩みを持つ親御さん達のことを思いこの様な会を開いて下さった協会の先生方に感謝致します。

その先生方の思いを日々感じ自分にできる事は何かと問い続けると共に自身の成長の為にも学ぶ事を忘れずにいたいと思います。

ご一緒させて頂いた皆様ありがとうございました。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

きのこさんの感想

 

お話し会

今回は相談士として参加させていただきました。ご一緒させて頂いた皆様、企画くださった先生方ありがとうございました。

私達のグループは相談士2名と相談者4名でお話しさせて頂きました。時間が足らなくて全員のお話をお聞きできなかったのがとても残念で申し訳なかったです。

 

支援を受けておられ、これから再登校を迎えるという方が多かったので、現状や不安に思っておられる事などを、私も当時はそうだったなあと思いながらお聞きしていました。

不登校期間が長くて復学できるかどうか不安に思っている方もいらっしゃったようでしたので、同じ思いをされて乗り越えてこられたちーこさんにお話し頂きました。
期間が長くても、実際に乗り越えられた方がいらっしゃるのは、とても心強いと私は感じています。

 

私達相談士も、同じような不安や悩みを抱えてきました。
お話し会では、一人一人が気持ちを整理するところまでは持っていけなかったと反省もありますが、周りに話す勇気が持てなかったり、また話してもわかって貰えなかったりを、参加する事で悩みや不安を話す事ができたり、同じ経験をした人の話を聞く事ができたと思って貰えていたら幸いです。

 

嬉しかったのは、参加くださっていた支援を卒業された先輩お母様が、これから再登校を迎えられる方々に自分の場合はこうでしたよと率先してお話ししてくださった事です。

お話し会だからこそ、参加者の誰もが経験を伝え、支えあう事もできるという皆様の温かさを感じました。
相談士としても、一人の母としても、皆様と一緒に考え成長できる場所を用意してくださった先生方に感謝致します。

 

懇親会

 

2回にわけて行われ参加者もシャッフルがあり、皆さんのお話をお聞きしました。

とても悩んで、情報を探して参加してくださった方もおられたと思います。
またご自身の体調と戦いながら、子どもさんのこれからを案じておられたり、復学が決まっても不安、年齢が上がった事でこれまでと違う悩みが出てきたなど、それぞれの経緯があり、状態もさまざまだと考えさせられました。

 

また復学してからだけでなく、そのずっと先が心配だというお話しもでました。
復学後は順調に過ごす子も多い中、我が家は高校生で動けない時期もありました。支援の先生に支えて頂きながら卒業し、家庭教育を学ぶことで親子関係を結び直せました。

家庭教育は学校に戻るという事だけが最終目標ではなく、壊れかけた親子関係を修復し、子が社会に出て誰かと関わりあいながら生きていけるようにというのを目標に学んできたと今では思っています。

 

相談士もたくさん悩んで、苦しんで、それでもあきらめず、家庭にあう情報を探して学んで実践して、今の笑顔があるというのをお伝えしたかったですが、うまく伝わったでしょうか。

 

私も誰かに聴いてもらったり、一緒に考えてもらったりして乗り越えてきました。
参加してくださった皆様も、一人で悩まず、漠然と大丈夫というだけでなく今できる事を一緒に考えてくださるところに相談したりしながらそれぞれのご家庭にあった方法と出会え、親子関係を結びなおせますようお祈りしております。

 

その「親子関係」についてというテーマで話しあった2回目のグループでは、S先生が入ってくださいました。
今の親子関係が出来るまでに、私達のこれまでの接し方も大きく関係してきます。

 

私達がしてきてよくなかったと思う事は?と、先生が問いかけられそれぞれが答えていきました。

 

先回りや過干渉、過保護、甘やかしなど。
私は過保護過干渉を同居の義父母のせいにばかりしてきましたが、皆さんのお話をお聞きしていたら、自分自身も長男が幼い頃から嫌がる習い事を強要したり、全て親の言う通りにしていたら幸せになれるんだと信じて管理していた事はよくなかったなあと振り返る事ができました。

 

管理する為に、干渉し、指示、命令もして、学校に行かなくていいと思った時にはべったりとくっついて幼い子に接するような事もしていました。

子のためを思って、先回りや過保護過干渉してきましたが、結局その親の行動が子の自発的な行動を奪ってきたと教えていただきました。

 

年令相応の関わり方ができず、つい愛情を示すためにやりすぎてしまう。
感情に振り回されるのではなく客観的にみて分析し、子ども達が失敗してもいいから、自分で考えて自分で行動できるように育てていく事が大切なんだと、先生のお話しで再確認できました。

 

グループでのお話しだったので他の相談士の方、経験されたお母様方、そして先生方のお話しとたくさん教えて頂ける事ができました。

私自身、相談士としてはまだまだですので、参加者の方に少しでも話せて良かったと思って頂けるようこれからも学び続けていきたいと思います。

 

ブログにまとめて、様子をわかりやすく伝えてくださったちゃろさん、いつもありがとうございます!

 

-◇-◇-◇-◇-

 

ちーこさん、きのこさん、お忙しい中感想ありがとうございました。

これからも、どうぞよろしく(^^)/