不登校から自立へ〜復学支援から学んだ家庭教育

不登校から自立へ〜復学支援から学んだ家庭教育

中学生で不登校を経験し復学支援を体験。支援で培った家庭教育の大事さをお伝えします

記事一覧

第17回 FHE親の会 in 関東

Pocket

 

復学支援機関であるFHE(ファーストホームエデュケーション)では、支援を受けている方は日本全国におられます。
そんな中で、支援を受けた親で組織している親の会が関東と関西にあります。

 

関東の親の会が、先日行われました。その様子を教えてくださ~いとお願いしていたんです。

 

関東の親の会のお世話をしてくださっているロータスティさんから、当日の様子の記事が届きました!

この記事の続きを読む

子どもへの対応が間違っていると思ったきっかけは

Pocket


不登校でお世話になった先生方がつくられた機関(家庭教育推進協会)で今度セミナーがあります。

家庭教育セミナー
日時 平成29年7月30日(日)
時間 15時~16時30分
場所 大阪府社会福祉会館懇親会
日時 平成29年7月30日(日)
時間 17時~
場所 上本町詳しくはこちらのホームページで
家庭教育推進協会ホームページ

この記事の続きを読む

坂道はどうやって上る?

Pocket

不登校を経験すると、親はいつまでも心配しています。私だけかもしれませんが、意外とそういうご家庭が多いように思えます。

 

中1で不登校になった息子は、中2で復学します。そこでめでたしで終わらないのが不登校の難しさです。

 

復学支援の良いところは、学校へ行きながら家族が変わっていくことだと思います。

この記事の続きを読む

自分を変えようとする力~高校生の事例

Pocket

支援を受けて再登校します。それで元気よく学校へ行く子もいます。
それとは違って、何度もこける(学校を休む)子もいます。これは、それぞれの家庭が違い、子どもの特性も違うからとしか言えません。

不登校はみんな同じ対応で、同じ方法ではうまくいかないから難しいのです。

今回は、同じくFHEで支援を受けておられたロータスティさんに記事を書いていただきました。

この記事の続きを読む