不登校から自立へ〜復学支援から学んだ家庭教育

不登校から自立へ〜復学支援から学んだ家庭教育

中学生で不登校を経験し復学支援を体験。支援で培った家庭教育の大事さをお伝えします

彼氏と旅行に行っていい?と聞かれたら

  • 投稿 2017/06/10
  • 大学生
Pocket


子供が大きくなると、思いもかけない問題が出てきます。その一つが、旅行に行っていい?と聞かれること。

わが家の娘が大学1年(18歳)の夏。
ネットで知り合った友達と東京へ行く。と言い出しました。

どうやら男の子もいるらしいことがわかってきました。夜行バスも予約をした。
親としてどこまで口を出していいのか迷います。

もう大学生だし、お金もバイトで自分で払うし。
こういわれると、親として言葉につまります。

さらに、我が家の娘の場合は、どうやら泊まるところが男の子の家にみんなで泊まるというではありませんか。

そんな危ないこと、親として許可することなんてできません。では、なんといえばいいのでしょうか。

この記事の続きを読む

我が家のメンバー紹介します

Pocket

我が家のメンバーをご紹介しましょう。

管理人のちゃろは、現在50代のフルタイムで働く主婦です。
自分の努力で、できないことはないと思ってすごしてきたのが、子供の不登校で180度世界がくつがえりました。

息子が不登校になった時も仕事を続けていました。

 

お父さんは、気が短い職人気質の人です。
子供が嫌いなわけではありませんが、どう接したらいいのかわからないというタイプ。

子供のことで問題が起こると心配になって怒り出します。
息子に対しては、まだまだ負けないと自負しています。
話して聞かせるということは大の苦手です。

 

娘は、現在は家を出て関東に行っています。
高校時代は、五月雨登校から留年の危機を支援の先生のおかげで低空飛行でのりきりました。

大学に進学し、心機一転頑張りましたが、友人関係でもめて、ここでも休学したいと言い出す始末。
大学は5年生で卒業しました。

 

息子は、現在求職中
中学生で不登校になり、中2で復学。高校へ進学し、専門学校へ。
介護福祉士の資格をとり、2年施設で働きましたが、今は施設長と意見が合わずに退職。

現在運転免許をとるべく活動中です。

はじめまして。~我が家の不登校からの軌跡

Pocket

はじめまして。管理人のちゃろといいます。

息子が中学1年で不登校になり、その後中2になり復学支援をお願いし復学することができました。

そんな息子も今では成人しています。

息子が学齢期が終われば、もう心配ないと思いますか?

意外と、不登校はきっかけであり、家族の再生のキーだったと最近は感じています。

小学生の不登校
中学生の不登校
高校生の不登校
大学生の不登校
社会に出てから様子

今まで経験した中で、親も勉強なんだなと思うことがたくさんあります。

実際には小学生の間は、親が子供の様子に気づかず、登校はしていましたが、毎日暗い表情だったのを思いだします。

中学生に入学し、息子も心機一転とがんばりましたが、まわりとの違和感にたえられなくなり不登校になります。

この中学時代の不登校の様子は、別ブログで書いていました。
→不登校の後、継続登校挑戦中!

高校から専門学校にすすみ、子育てもそろそろ終わりかとブログをお引越ししました。
→不登校から自立へ~復学支援の記録

このブログを更新していこうと思っていたのですが、どうも見にくいというご意見も多く、いっそうのこと、新しくブログを作ってみようと、このブログをはじめました。

以前のブログも残してあります。徐々に記事を移していければいいなと思っていますが、仕事もあるので亀の歩みです。

応援してくださる方がいると思って、がんばりますね。

どうぞ、よろしくお願いいたします。