• 我が家の不登校の軌跡(中学生の息子)
カテゴリー:我が家の不登校の軌跡(中学生の息子)
Pocket

 

中2の夏休み前に復学した息子の、初めての2学期の始業式です。

はたして、問題なく登校することができるのでしょうか。まだまだ親も子も経験値がたりません。

 

 

中2 2学期開始

 

中2の2学期の開始です。
息子はちゃんと登校するのか・・・?まだまだ不安の方が大きい状態です。

 

朝、起こしますがやはり起きてきません。
7時・15分・30分と起こしに行きますが起きません。8時近くになってやっとおきてきました。

息子も、ヤバイと思ったのでしょうか。こんな一言を・・・

息子
息子
車で送って(汗)

 

本来なら、ダメですよね。でも、このときは、少しでも行ってほしくて、送ってしまいました。

後から、藤本先生に報告のメールをいれました。

 

 

祖母のお葬式

 

昨日の夜に、義母が亡くなりました。
もちろん、大変悲しい出来事です。でも、私の頭の中にあったのは、もしや又・・・という思いです。

 

それは、一年前に義父がなくなり、その後息子が不登校になったからです。

もちろん、息子の不登校は起こるべくして起こったのだと思います。でも、もしかして又、息子が学校に行けなくなるのではと不安な気持がありました。

 

藤本先生に、忌引きで学校を休ませる旨を連絡しました。
その時に、『何かあればフォローしますので、しっかりとお別れさせてあげてください』とメールをもらい心強く思いました。

 

息子も娘も、祖母と一緒には住んでいませんでしたが、よくかわいがってもらった祖母なので、神妙な顔で参列していました。

息子も娘も、祖母と話が弾むというタイプではありませんが、一緒に出かけた時は祖母の歩く速度にあわせて歩いてあげるといった、優しい面も見せてくれていました。

 

亡くなった当日の夜の病院

翌日のお通夜の様子
お葬式の様子、
火葬場での様子、
骨上げの様子・・・

子供ながら、何か感じているようでした。

お寺のご住職の説法に、命の大事さを説くものがありました。娘は、特に感じるものがあったらしく涙ぐんでいました。

 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

忌引きの後の欠席

 

今日から、学校があります。忌引きで登校のリズムが崩れているのではないかと心配していました。

すると、息子は朝起きましたが、気持が悪いといっています。トイレに入り、洗面器を抱えて吐きそうと言っています。しかし、実際には吐いていないようでした。

 

娘は、短縮授業です。それでも、朝起きず学校は休みましたが昼からのクラブには行ったようです。

 

この翌日も、息子も娘も二人とも欠席です。
とうとう・・・という気もちでした。

 

メールで、何か息子に言ったほうがいいのかと先生に問い合わせしました。

藤本先生メール

完全パッシブで

 

週明けの月曜日が怖いです。

 

 

コーチング

 

 

朝、息子を起こしに行きます
7時・7時30分と起こしますが、動きません。

7時40分 父親が息子を起こしにいきました。息子は、起きましたが、登校の準備をしながら「ないものがたくさんある」と言っていました。
このあと、トイレへ入って出てきませんでした。

 

藤本先生へ、連絡です。夕方に入っていただけることになりました。

 

待ち合わせの場所へ、藤本先生と訪問のM先生がこられました。こちらは、私と主人とでむかいました。簡単な打ち合わせを聞かせてもらい、いざ家へ。

 

家に帰ると、息子は部屋で寝ていたようです。
藤本先生が、息子の部屋へ行きリビングにつれてきました。
藤本先生と息子と二人で話しをしていました。

しばらくして、両親もリビングへ

死ぬ気でがんばります
息子
息子
父
昼(ご飯)もかってな物食べて、体調管理くらい自分でしようとせなあかんやろ。お前の体のことを心配してるんやで!
母
今、学校のみんなが手伝ってくれて、支えてくれているのはわかるよね。今が頑張る時やないの?

息子に、少しは伝わったでしょうか?

訪問のM先生が残って、明日の準備を手伝ってくださいました。M先生が帰られる時は、息子は玄関まで出て、うれしそうに話をしていました。

 

その後、藤本先生からメールで子供の様子を気にしてくださいっていました。
子供も落ち着いた状態でした。

父・母の対応があれでよかったのか、伺ったところOKの返事をいただき、ホッとしました。

 

息子の様子を見ていると、頑張りすぎているのではと思って先生に質問してみました。

 

返答
今は、エンジン全開の状態ですが、またこけます。
それでも、そのつど指導が入っていくからそれでOKです。
朝送っていくのは、無しです。それで、遅れても良いです。
休んでしまっても、その後でフォローするから。送らない方針で行きましょう。

 

 

担任の先生の目からみた学校での様子

 

 

中学校のT先生から電話が入り、学校での様子を教えてもらいました。

○朝保健室によっている
休み時間も。
保健室の先生に『 しんどいんや』と話を聞いてもらっている。

 

○手首を切った後がある
8月の末に姉とケンカした後にやったと本人が言ったそうで、生徒指導の先生が、息子に聞いた時は、ごまかしたようです。
その後、保健の先生が聞くと、1時間くらい話をしたそうです。
『 お姉ちゃんとケンカして、イライラしてハサミで傷つけた』

担任のT先生が聞くと、すんなり話をしたそうです。
息子『ハサミで傷つけたんや〜』
T先生『痛かったやろ?傷つけても、解決しないし、やめときや』
息子『うん』

 

○勉強の面で、全体的にどの教科もよくがんばっています

本人の成長がみられます。
体育は、途中でギブアップですね。

 

○話が途中で突然変わることが多いです
びっくりした顔をしてみせると、自分から『話かわるけど〜』と言ってくれました。
気づきがふえています。

 

○お昼の時、食べるのが早いです
それを見てクラスメイトは笑っているのですが、本人は気にしていないようです。

細かく見ていただいていることに感謝です。

 

 

マイナス発言

 

息子は昨夜から風邪気味でした。案の定、朝起きません。

学校へ欠席の連絡をいれると、休みあけからのテストのことを言っておいてほしいと言われました。(言っても頑張りにはならない・・・)

 

息子の欠席の理由はいくつか考えられます
・風邪気味
・テスト前
・体育祭の練習
・土曜日に遠出をして疲れた

 

親の感では、体育祭の練習でひっかかっているのではないかと感じています。

 

藤本先生に相談しました

 

藤本先生メール
頑張っているところなので、盛り立ててあげたいですね。頑張りの量にガス抜きの量が見合っていないのかもしれません。夕方からM先生に対応してもらいましょう。

(午後に、訪問のM先生とS先生が来てくださいました。)

 

夕方、親が帰宅すると、息子は真っ暗な部屋で寝ながらテレビを見ていました。

父

おまえ、今日どないしたんや

昨日から、しんどかってん

息子
息子
父
死ぬ気でがんばるって言ったんちゃうんか!

死んだらいいんやろ

息子
息子
父
・・・・

 

添削
①「自分で言った言葉に責任をもて。できなかったら死ぬなんて卑怯なこと言うな!」くらい言ってもかまいません。

 

険悪な状態になってきたので、母も息子の部屋へ行きました。

母

しんどいの?

頭がわれそうに痛い

息子
息子
母
ちゃんと、朝言わないとあかんで

息子は、話の間中、自分の手首をこぶしで殴っていました。手をつかんでやめさせようとしても無理やり続けています←

 

添削
② 自分が悪い状態だという親へのアピールですから、止めなくて良いです。のらないようにしてください

 

 

誘発

 

前日、学校を休んでしんどいと言っていた息子です。この日は、祭日で学校はありません。息子は、朝一度起きてきますが、もう一度部屋へ戻ってしまいました。

母

あんた、風邪どうや? ←

まあ、なんとか

息子
息子
添削
 誘発です。本人が何か言ってくるまで待ちましょう

夕方、外出から帰った時も同じことをしてしまいました。」

母

ただいま、調子どう?←

なんとか

息子
息子
母
夕飯やで

添削
 これも誘発になります

つい、息子と何か会話をと思うのが問題なのかもしれません。

 

 

訪問の先生だからみえること

 

訪問のN先生が夕方から、こられました。
帰られる時に、駅まで送らせてもらい、息子の様子を伺いました。

訪問N先生
訪問N先生

頑張っているが、学校が楽しいわけではないので、いつこけてもおかしくないと見ています。
学校へ行かなきゃいけないという意識は入っています。
多少、自閉傾向があります。
自分の興味のあることに固執する傾向がみられます。
誰とでも、気軽にしゃべれるわけではありません。

 

まだまだ、復学して日が浅く、2学期早々の忌引きでピンチがあり、そこからの立て直しをしてもらいました。

 

親として、つい勉強のことも気になります。しかし、まだその段階まで行っていないようです。今は毎日行くことが課題だと。

こうして、訪問の先生の目から見た息子の様子を聞かせてもらうことで、先へ進もうとする親の気持ちを何度も戒めました。

 

息子と父親の関係についても、助言いただきました。
N先生がこられている時に、父親が帰宅したようです。すると、とたんに息子がソワソワしだして、2階の自分の部屋へ行ったそうです。

訪問N先生
訪問N先生

怒りすぎる父親という感じで、訪問の目からみても、父親として機能していないように見えます。ただの怖い人になっている。怒っても最後まで言うことができていない。
売り言葉に買い言葉ではいけません。

 

まだまだ課題の多い我が家です。

 

今回の会話などは、あくまでも我が家の場合です。基本から外れた部分も多々あるかと思いますが、ご了承ください。




Pocket

中学2年生で再登校後、初めての夏休み。

家にいる時間が増えると、どうしても姉弟ケンカが増えてしまいます。まだ、親がその 対応方法がわからずに、右往左往している状況でした。

わからないことは、すべて藤本先生に確認です。

 

姉弟ケンカ

 

娘がパソコンをしていました。息子はソファでテレビをみています。
父・母も同じ部屋にいました。

 

娘

あんた(息子)、なんでソファのクッションぐちゃぐちゃにするん!

うるさい!自分もしてるやろ!

息子
息子
娘

私が座っても壊れへんし。あんたが、重いからやろ

息子が娘に腹をたてて、パンチ。それが、娘の手に当りました。

 

娘
お母さん!痛い!見てや、赤くなってるし!どうするん!
大丈夫や
母

娘は怒って、息子にクッションを投げてきました。息子もやり返そうとします。

 

母

もう、いいかげんにしなさい!(`Д´)

まだ続けています。父に注意してもらおうと声をかけました。

 

父

おまえら!いいかげんにしろ!(`Д´)

もう、だからこの家いややねん!

娘

娘ソファを蹴飛ばして、泣きながらその場を離れました。

 

会話ノートで添削してもらいました。

添削

この父・母の対応でOKです。しつこくなりだしたら、「うるさい」「いいかげんにしろ」など、どちらか一方に向けて言うのではなく(絶対にどちらかの立場になって話さない)抽象的に二人ともに向けてストップかけてください

 

 

特に先生からの指摘はありませんでしたが、母の娘への返答も問題ありそうです。今なら娘の気持ちをくんで返事をすることも大事だとわかりますが、この時はとりあえず流しておく対応しかできませんでした。

 

夏休みの生活

 

 

夏休み中の生活のことで、藤本先生にうかがいました。

 

昼夜逆転しています、注意するべきでしょうか

訪問の先生方にまかせておいてください

 

 

息子の携帯が故障したのですが、これを機に解約するか、やっぱり修理するか迷っています

携帯は友達とのやりとりがあれば必要ですが、息子さんの場合は、やめた方がいいかもしれません。これも、訪問の先生に聞いてみますね

 

 

ゲームを売りたいと言っているのですが、父親は反対しています。
買う間隔が1ヶ月もあいていないこともひっかかります。父親は、せっかく買ってやったものをかってに売るのが嫌みたいです

買いたいから売るのであって、どちらかというのは無理です

 

 

夏休みの宿題について、親からは何も言っていません。訪問の先生が来た時だけやっているようです。本人は『できるとこだけでいいんや』と言います。それでいんでしょうか?

息子さんの場合、背負っている借金(勉強)が大きいため、今の段階で全部自分ひとりでするのは難しいです。つきっきりでしないとできないでしょう

 

つい、再登校できて夏休みに入ったので何もかも普通に戻った感覚になっていました。
しかし先生方の目から見ると、まだまだなんだなぁと再認識。私が不足・不満・不平を言わないようにしないといけないんだなぁと反省です。

 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

ゲームが壊れた

 

息子のゲーム機(PSP)が調子が悪いようです。
買い換えてほしいのでしょうけれど、『○○が欲しい』となかなか言えない息子です。

買い物のついでに、店に見にいくと18900円。高いです。とっても・・・

 

それを見かねて、父親が提案してみました。

父

お父さんのを使うか?

え〜、いいわ(いらない)

息子
息子
父
何でや?
だって、色が・・・

息子
息子

これを聞いて、お父さんが切れました。
その後で、息子の方から『それでもいい』と言ってきたのですが、その日は、保留となりました。

私は、毎日使っている物なので、壊れてくるのも仕方ないのかと思います。しかし、父親はまだ動いているゲームの扱いがぞんざいなことなどで、納得がいかないようです。

新しく買い換えるのか?
父親の機械を使わせるのか?
今のままがまんさせるのか?

 

どの方法がよいのかわからず、藤本先生に伺いました

藤本先生
藤本先生

修理できないのでしょうか?訪問の先生方に聞いてみると修理にだすのが普通のようです

金額に関係なく、修理させたほうがよいのでしょうか?
母
藤本先生
藤本先生

本人の財布と相談ですね

息子は、お小遣いがほとんど残っていません。
それでも、修理の方向で考えていたのですが、父親が、息子がゲームをしているのを見て、『なんや、動いているやんか』と言うと、怒って息子は寝てしましました。(夕食もぬきでした)

結局、このゲーム機の話は、この時は消えてしまいました。

 

動いていたようですね。なんだか、私が先回りして心配していたのでしょうか・・・

 

後日、藤本先生からこの息子のゲーム機の件について、伺いました。

返答
新しく買うことはNG。修理も本来自分のお小遣いでするべきですね。
今はほっておいて、自分から訪問の先生に言うから気にしなくていいです。
父親の対応も間違っていません。

 

 

学校と2学期にむけての話合い

 

この日、学校側と2学期以降のことでの話し合うために、支援の藤本先生に学校へお越し願いました。
学校側は、校長先生・特別支援の先生・担任のT先生です。こちらは、復学支援の藤本先生と私でした。

 

学校側は、登校できたことを喜んでくださいました。しかし、再登校後2週間ほどで、夏休みに入りましたので、本番は9月からという感じでしょうか。

生活リズムがつかめず辛そうにみえる。夏休みの宿題は大丈夫か?などのことで、いろいろ考えてくださったようです。

担任先生
担任先生
学校へ来た時のしんどさを減らすためにも、夏休み中に寝る時間などをきちんとした方がいいのではないですか?

 

今の時点では生活リズムに関しては、ノーマークにしています。まず、登校が第一目的です。言葉で言ってきかせられない状態です。失敗することで、本人に痛みをわからせるようにしています

藤本先生
藤本先生

 

再登校後の授業中の様子を伺いました。事前に各教科の担当の先生に聞いていただいたようです
【英・数】 授業を聞いているのが辛い様子。
立ち歩いたり騒いだりはないが、精一杯我慢している。
手をかきむしるなどの様子がある。

【国語】 書き写すのはできる。思考力を問う問題は難しい

【社会】 授業を聞くのはできている。しかし、知識がないので苦しそう。しんどそう。

【理科】 実験は楽しそうにしている。新しい知識を学ぶのは、しんどい様子。

【体育】 みんなと一緒のことをするのが、難しい。体力的にきつい。別メニューの必要はない。辛い表情をし、回りが引くような動作を見せる。

 

夏休みの宿題に関して学校側も、心配されていました。調べ学習は訪問の先生にサポートしていただいていました。

 

学校側は、2学期から特別支援も考えておられたようです。もちろん、夏休み前の授業中の様子をみれば、うなずけます。
この件に関して、できれば放課後補習のような形が望ましかったのですが、学校のシステム上難しいということでした。
息子は、自分でできないくせに手を出されるのが嫌といった傾向もありました。

 

藤本先生
藤本先生

勉強に関して、わからないことを理解したいために、イッーっとなっているのではなく。前に進まないことに、イラだっている。勉強で伸びていくタイプではないかもしれないです。学校が休みの日に補習などは難しいでしょう。

藤本先生
藤本先生
家族療法は、まだまだできていません。父親の協力もしてもらっています。
母親の愛情不足ではないでしょう。少し引いた話し方をされるので、誤解されることもあるかもしれません。手をかけすぎていた結果でしょう。

 

担任のT先生から、再登校後から夏休みまでの授業中の様子を記録した資料をいただきました。勉強面で、息子はかなり苦労している様子です。
しんどそうな様子をしたり、手の傷をかいたりと、周りのクラスメイトの息子を見る目も気になります。

汗をよくかいている点も、保健室で汗をふいたり、ペーパーでふきとったりといった提案も担任からありました。

1時間半ほどの時間で終了となりました。

 

まだまだ課題は、山積みですが、学校も協力してくださいます。
一つずつ、解決して進んでいくのが、一番の近道ですね。

 

 

流血事発生!

 

 

この日娘は、昼からクラブでした。息子も、夏休みで家にいます。

昼前に、娘から電話がはいりました。

 

娘『お昼のチャーハンこがした。どうしたらいい?』
電話での会話の中で、この日にあった近所での女子高校生の自殺事件のニュースのことを娘にも話しをし、たしなめたのですが、
娘 『私だって、なんどもそう思った。パソコンないとストレスたまる!』
愚痴のオンパレードでした。

 

娘との電話の後、藤本先生へ電話をかけます。
相談の電話の途中で、家から電話が入っていました。先生の電話の方にも、電話が入ったみたいで、一度切りました。

 

その間に、家からの電話着信があったので、かけてみます。すると、息子が電話に出てリビングの扉のガラスが割れたと言ってきました。娘とケンカしたようです。

ちょうど、訪問のM先生とN先生がこられていて、M先生が電話口に出て状況説明をしてくださいました。

 

再度藤本先生から電話がはいります。息子と娘のトラブルのことも報告しました。
すると、N先生から藤本先生へ電話が入ったようで、もう一度中断です。

少しして、藤本先生から連絡をもらい、ケンカの顛末を聞きました。

 

どうやら、口げんかがエスカレートして、息子が娘を殴ろうとしたようです。
娘は、逃げようとしてリビングの扉をしめます。
ちょうどそこへ息子のこぶしが当たり、扉にはめてあったガラスが粉々に割れて飛び散った状況でした。息子も、娘も擦り傷程度の怪我をしています。

 

ちょうど、訪問の先生が来ていただいていた時だったのがよかったのかどうか・・・
訪問の先生が後片付けまでしてくださいました。
家にほうきといった掃除用具がなかったので、近所のホームセンターまで買いにいってくださいました。

 

この件の今後の対応を藤本先生に伺いました。

返答
ご主人が怒るのはOKです。ただし、二人ともに怒ってください。

 

親が子を叱る

19時 主人と時間をあわせて一緒に帰宅しました。
息子が、待ち構えていた様子で謝ってきました。そのあと、娘がクラブから帰ってきました。

息子と娘の前でお父さんから話しをしてもらいます。

父
どうなったんや

ごめんなさい

娘

ごめんなさい。全部、俺が悪いんや

息子
息子
娘

いらんこと言わんといて!

全部俺が悪いんや

息子
息子

息子は、しょげてしまっていてうなだれています。

 

父

おまえだけ責めているんと違う。今度こんなことがあったら許さへんで

この後、まだガラスが落ちていたので、もう一度掃除でした。

 

パソコンがつぶれた件について藤本先生に伺いました。

返答
修理してOKです。
ただし、娘さんから「ストレスたまるから早くして」といわれても、お金もかかるし時間もかかるから待つようにとはっきりと言ってください要求ばかりでは、筋がとおらないとわからせてください。娘さんは、こんなにしんどいのに(慰めて・私は悪くない)とアピールしてくるかもしれません。この場を同情せず、『やることは、やれ。今までお前の言い分を聞いてあげたやろ。』と切る感じで対応するように

 

藤本先生から、お母さんがもっと怒っても当然ですよ。一人で抱え込むのは無理だからと言ってもらいました。
このときは、怒るほうがパワーがいると思っていました。
まだ、感情とむきあうことができませんでした。

 

藤本先生からツイートいただきました(^^)/

 




Pocket

 

再登校をして、終わりとならないのが現実です。

その後も、安心とは言えず、なかなか連続して登校することが難しかったです。

 

じっと座っていることが難しいという状況でした。夏休みになっても、もちろん補習が必要でした。

 

1週間の始まり

 

1週間の始まりです。
息子は、はたして起きるのか?まだまだ不安でいっぱいです。

息子を起こしにいきますが、起きる様子がありません。耳元で手をたたきますがダメ。
目覚ましを鳴らして耳元においておきました。

 

とりあえず、息子はそのままにして様子をみました母親が部屋からでようとすると、息子が動き出しました。

制服に着替えて下りてきます。

 

ぼーっとしているので、食事を促します。一度は食卓に座りますが食べずにソファへ。
ヨーグルトをすすめると食べました。

しかし、姉にやつあたりされ無言です。不機嫌そうな様子で、何も言わずに玄関を出て行きました。

この間、15分ほどでしたが、息のつまるような時間でした。

この日は午後から懇談がありました。

 

懇談

 

朝の学活でのことを担任のT先生が教えてくれました。

 

担任先生
担任先生

クラス全員がそろったことをみんなで喜んでいたんですよ。○○くん(息子)も、私の方を見て、頷いてくれました。

 

息子の中で、少しずつ現状を認めることをしているのでしょうか。

その場で9月からの学校生活の目標を決めます。
・朝は余裕をもって登校する。そのために11時までに寝る。
・忘れ物をしない

 

この忘れ物が、これからのネックのようです。

息子は先生の言い間違いが気になって、先生が訂正するまで落ち着かない様子です。
このあたりの『こだわる』ことへの改善が難しいです。

 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

 

謝っておこう

 

頑張って、登校しています。でも、昨日は夕方から寝てしまい、23時頃に起きました。眠れなかったのか、そのままずっと起きていたようすです。

やはり、生活リズムに苦労しています。

 

不登校中から、手の甲に傷ができており、中々治らずにいます。掻いてしまうためですが、かさぶた状態で、まるで象の足の皮膚のようです。

イライラするとこのかさぶたをめくってしまっています。傍から見ても目立つため、クラスで何か言われないかと心配していました。

 

担任のT先生に問い合わせしますが、特に心配はないようです。

担任のT先生から学校での様子を伺いました

息子
息子

班ノート忘れた。せっかく書いたのに。

どんなこと書いたの?

担任先生
担任先生
息子
息子

前と同じやけれど。あ〜忘れてしまった〜

班ノートは忘れ物には入らないよ。
班の友達に、ノートは書いたけど忘れたことを伝えたらいいよ

担任先生
担任先生
息子
息子

ついでに、謝っておこう

 

息子の口から『謝っておこう』という言葉を聞いたのがはじめてだったと喜んでくださいました。
『手がかゆくて、この手を刺したい。切ってしまいたい。』と言ったそうです。
あいかわらず、大袈裟な様子です。

 

 

初めての連続5日間登校

 

再登校後、初めて5日間連続で登校できました。しかし、朝の機嫌の悪いこと。

部屋から『お茶!』と叫んでいます。お茶が何?と聞き返そうと思いましたが、そっとしておきました。何か一言いおうものなら、何が返ってくるかわかりません。

 

そして、無言で登校しました。

この日の様子を後日担任のT先生から教えていただきました。

 

担任先生
担任先生

今日は、汗などによる体臭がきつかったようです。
かゆさは相変わらずで、集会のときもよく掻いていました。

 

総合発表会では、腹痛を訴え、トイレに行きました。
トイレに行きやすくするため、体育館で座る順番を最後に変わらせたとき、最後尾にいた男子に『ごめんな〜』と声をかけていました。

 

そういう風に言ってもらえたら、相手は嬉しい気持ちになるんやで

担任先生
担任先生
息子
息子

うん

 

担任のT先生からの連絡で、腹痛がよくあること。それと体臭の問題が浮上してきました。体臭の問題は友達との関係に影響するため、心配していただきました。

 

一度、このことも含めて夏休みのすごしかた・9月からのことなどの相談を藤本先生を含めて話しあうこととなりました。

 

 

ご褒美

 

 

この日は、夕方から訪問のM先生・N先生がこられました。
もちろん、私は仕事でしたのでどのような状況だったのかはわかりません。でも、息子が大喜びしたであろうことは想像できます。

 

夕方17時頃に藤本先生からメールが入りました。藤本先生からのお話は、息子の誕生日の件について。

息子の誕生日は6月29日。再登校日が7月4日だったので、誕生日の日は延期でした。

再登校日の朝に、藤本先生から『誕生日プレゼント(ゲームソフト)は登校をがんばったら』といわれていました。

 

息子にとっては、もう買ってもらえないものとあきらめていたようです。それでも、事あるごとに話しを持ち出すのを見ると待ち遠しかったのでしょうね。

 

息子の誕生日プレゼントOKの話を母親からするように言われました。しかし、この時期まだまだ不安定な息子です。話の持っていきようでどうころぶかわかりません。

そこで、訪問の先生がこられている日を選ばれたようです。

 

帰宅し、息子と訪問の先生の前で、先生から言われたからと話をしました。本人は、もうあきらめているような口ぶりでした。

 

息子
息子

どうせ無理やし・・。
もう、いいねん・・・

 

それを、訪問の先生方がうまく話を持っていってくださり、最後には、本人も嬉しそうにしていました。

息子は7月末発売のゲームソフトが欲しかったようです。
訪問の先生方から、夏休みの登校・宿題・汗の件の注意を聞いてこの日は終わりとなりました。

 

 

息子の補習一日目

 

 

 

この日は、息子の学校での補習がありました。前日遅くまでおきていた息子は、朝も機嫌が悪くなかなか起きてきませんでした。
ギリギリで起きて、怒りながら登校しました。

 

学校での様子を、担任のT先生から伺いました。

担任先生
担任先生

1時間目 英語

支援をしようと言葉をかけると、『今調べようと思ったのに!!』とイライラしてしまう。逆に自分から手を挙げて、質問することもある。

2時間目数学

『眠たい』と言って、芯で手の甲をさす。顔をグーでなぐる。頭をなぐる。
自分をコントロールするのが難しく、集中しにくい会話内容

 

 

息子の補習2日目

 

この時のことを、後日担任のT先生に伺いました。

 

担任先生
担任先生

夏休みの宿題をする時間ですが、とてもペースがゆっくりです。数学は、2時間で2ページも進んでいません。
わからないところが多いことと、手や目がかゆいことで集中しにくいようです。

 

今日も手を挙げて質問する場面があるました。
一緒に問題を解いていると、『あーそうやったんか。ちくしょう!』と悔しがるようすが見られました。

 

勉強の最中に、かゆい手をタオルでこすったり、かさぶたをたくさんめくったりしています。

シャーペンの芯を極端に長くし、折れることがわかっていて何度も同じことを繰り返していた場面がありました。

 

 

息子の補習3日目

 

息子は起きてきたのですが、ソファで寝ています。8時になって、やっと用意をはじめます。

息子
息子

間に合わないから送って

 

学校への送るのはいけないと聞いていました。しかし、夏休み中でもあるので、車で送っていきました。

藤本先生に報告しお返事をいただきました。

返答
次回からはできない(送れない)としっかり言っておいてください。一度決めたら、徹底的に(要求を)うけとらないように

 

親の対応が揺れているとダメですね。

昼から疲れて寝てしまいました。こうして、寝る時間がずれていくのが心配です。

 

 

息子の補習4日目

 

補習中の様子を、担任のT先生に後日教えていただきました。

 

担任先生
担任先生

今日は一番に来てくれました。
国語の宿題を自分で始め、漢字の読み方で自分にわかるところは努力して書いていました。

数学はなかなか進まず、時間がかかっています。

 

勉強の途中で『頭ではわかっているけど、喉から出てこない〜』と話していたり、急に話が変わり『塾の時に家で寝ていて怒られたことがあった』と突然昔のことを話す場面もありました。

 

休憩がてら、教室を回っていると、自分から『窓閉めとくわな〜』と言って、教室に入って手伝ってくれます。

『○○(息子)って優しいよなぁ〜』と言うと、『そうかなぁ』と照れていました。

 

雑談の中で話していたのですが、誕生日のプレゼントを楽しみにしていることと、皮膚科にもう一度行って、早く手を治したいと言っていました。

 

 

担任のT先生は、前半の補習に全て参加できたことを、喜んでくださいました。そして、新たに追加で勉強会をするからと息子を誘ってくださいました。

しかし、息子は「予定があるから・・・」と断ったそうです。

本当は予定はないのですが。

 

息子自自身に聞いても、「行かない」といいます。理由を聞くと、「暑いから。先生(訪問の)が来てくれるかもしれないし・・・」
なんとなく、息子の気持ちもわかります。

 

支援の藤本先生に相談しました。

藤本先生
藤本先生

もう十分がんばりました。休憩させましょう

 

担任のT先生にもお断りのメールをしました。

親として、ひとつできるともう一つ、もっとと考えてしまいます。それではいけないのですね。つい、勉強の心配をしてしまいました。

 

 

姉と息子の言い合いに父親が・・・

 

高校生の娘は夏休み中も毎日クラブがあります。しかし、夜中にチャットをしている娘は朝なかなか起きられません。結局遅刻してクラブへいったり、欠席したりの結果です。

 

息子がパソコンの台にもたれていました。

娘

パソコン、壊れるやろ!(`Д´)

うるさいわ! 壊したらいいねん(`Д´)

息子
息子
娘

あんたがもたれたらつぶれるやん!
(`Д´)

 

ここで、父親が介入しました。

父

お前(娘)一人のパソコン違うやろ
(`Д´)

わかってるよ(`Д´)

娘
父

いつもパソコンつけっぱなしで!(`Д´)

いつもとは違うし

娘
父

そんなんやったら、壊してしまえ!
(`Д´)

壊したらいいやん!(`Д´)

娘

最初娘と息子のケンカだったのが、父親もそばにいたために息子をかばったようです。
その結果娘と父親のケンカになってしましました。

父親も言い始めてから、『ヤバイ』と思ったようですが、後には引けなかったようです。

 

私は違う部屋にいたのですが、娘が話しをしにきました

娘

もう、この家いやや! 私パソコンなかったら死んでしまうわ。ストレスでやっていかれへん。(`Д´)

 

娘の話を気の済むまで聞いてやるべきかとも思いました。
でも、聞いても答えられないことも言ってきそうなので退散しました。

 

 

姉弟ケンカへの対応は

 

夏休み真っ最中です。とにかく、暑い!

息子は、クーラーはつけずにお茶を飲み、氷をかじりながらひたすらパソコンをしています。なんとなく、訪問の先生を待っているようすです。

 

先週の木曜日に訪問のN先生がこられました。その時は、早い時間に入られたようで、お会いすることはできませんでした。

 

息子の夏休みの宿題の扱い(考え方)について聞きたかったのですが、残念。
息子は、「全部できなくてもいいって言われた」と言います。大丈夫でしょうか・・

 

最近、娘と息子のケンカが絶えません。息子がポロッと言ったことに、娘が過剰に反応しています。兄弟ゲンカは放っておくほうが良いのでしょうか?

 

支援の藤本先生に会話ノートで質問してみました。

返答

娘さんが、悪いんですけどねぇ。

兄弟ゲンカはしばらくの間、ひどくならなければ放っておきましょう。

間に入る場合は、どちらかの名前を呼んで介入しないようにしてください

 

娘は夏バテ気味で、さすがに夜は早く寝るようにしているようです。息子は、昼夜逆転状態です。

不登校中の嫌な記憶がよみがえります。
今、親がしてやれることは何でしょうか・・・

 

-◇-◇-◇-◇-

夏休みになり、家にいる時間が増えケンカも多くなっていました。親も子ども達とのかかわりがわからずに上手に対応できない状況でした。

 

藤本先生からツイートいただきました(^^)/

 




Pocket

金曜日に再登校をし、土日をはさんで月曜日は登校しました。しかし、その翌日の火曜日徐々に怪しい空気が流れだしました。

そうすぐには、不登校をなかったことにはできないということでしょうか。親も対応がわからずオロオロとしている状況でした。

 

再登校3日目

 

今日は、再登校後初めて親だけの対応です
息子への母の対応の結果を藤本先生にメールし、対応を指示していただきました。

 

6:45  息子に声をかけるが起きません
一気に不安になり藤本先生にメールをしました

藤本先生メール

○○!7時になった!と強めに声をかけてください

 

7:00  再度息子に声をかけます
反応のない息子に、こちらが不安になって、息子の体をゆすって起こすとやっと起き上がりました。

息子
息子

寝すぎた!まにあわへん!

息子はあわてて用意をはじめました

 

7:10

息子
息子

制服がない!
こんなん、きつくて着られへん

 

息子はイライラした様子です。

 

7:15  遅れた・時間がないと言いながら、息子は家をでました。

7:25  息子がもどってきました。忘れ物のようです。

天気が怪しそうです。

息子
息子

英語のノート!

 

どこにあるの?
母

 

息子
息子

机の上

 

机の上のノートを適当にもっていきましたが、違ったようで結局自分でとりにいきました。

 

7:30

息子
息子

あーっ、もう時間ない!

 

雨ふってきたの?
母

 

息子
息子

もう降ってる

息子は、カサを持たずに登校しました。

 

この日は、6:16〜8:05までの間で、藤本先生とのメールのやりとりが、20回!ありました。

 

息子との朝のやりとりは、待ったなしです。それに対応するために、藤本先生が母親の不安にたいして、対処方法を指示してくださいます。このやりとりが、なかったら朝の時間は乗り切れなかったかもしれません。

 

この日は、藤本先生が登校フォローに来て下さいました。ただし、家へではなく通学路でのフォローだったようです。

 

朝の対応の失敗

 

登校後、先生から連絡をいただき、今日の様子を教えていただきました。
この日は、普通に声をかけただけでは息子は起きませんでした。身動きしない姿をみると、不登校初期を思い出して、不安になります。つい、体をゆすって起こしてしまいました。
このことを藤本先生に尋ねました。

藤本先生
藤本先生

体をゆすって起こしているとずっとそうしないと起きない子になります。
声をかけるだけで起きるようにさせたいです。
あまり起きない時は、扉をたたいて大きな音をさせるなどの方法でやってみて下さい

 

朝ご飯を食べずに、登校する息子をみていると親の方が不安になります。学校でしんどくならないか?お昼までもつのか?
又カサが、いりそうな天気でしたが、本人はもっていきませんでした。
つい、カサ持って行きなさいと言いそうになります。

母

 

藤本先生
藤本先生

朝ご飯を食べなくても、カサをもっていかなくてもOKと考えます
まず、学校へ行こうという気があることが大事です。

 

これからの予想を聞きましたが、いろいろあるので知らないほうがいいよと言われてしましました。

 

再登校3日目の学校での様子

 

担任のT先生に電話で今日の息子の様子を伺いました。

 

担任の先生
担任の先生
気分が悪い中、登校したようで、保健室にて取り乱し、「吐く、吐く」とパニックになっていたようです。
ポロシャツも汗?でびっしょり濡れていました。
「とにかく学校へこなあかんと思って、必死で来た」と話していました。
1時間ほど保健室で休むと落ち着きました。

 

夜息子に聞きました。

母

今朝ご飯食べんと行ってお腹すいたやろ?

今日、吐いた

息子
息子
母

学校で?

うん、吐きそうになった

息子
息子

その後、普通にしていました。

 

 

再登校4日目で欠席

 

 

この日、息子は休みました。昨日同様、親のみの対応です。

 

4:00 息子が起きて、リビングにおりてきました。寝てないようです。

5:30 息子が親の寝室に来ました。

 

息子
息子

吐きそう

もう一度自分の部屋に戻り寝ています。

 

7:00 息子をおこします
声をかけますが、身動きしません。昨日教えていただいたように、耳の横で手をたたくと、耳をふさぐしぐさをします。

不登校初期は、このまま布団にもぐっていましたが、今日は、起き上がりました。
フラフラしながら、起きて階段をおりてきました。

 

息子
息子

頭がグラグラする

 

藤本先生メール

寝てなかったらなるなぁ ぐらいのにこやかな感じで声をかけてください

 

息子
息子

今日は無理

 

何と答えたらよいのかわかりません。

 

藤本先生メール

お母さんにはわからないと答えてください。良いわけないので。
絶対に自分で考えてなどは言わないで。
徹夜してしんどいのは当たり前なので、パッシブな対応に切り替えて距離をとってください

 

息子は、ソファで寝てしまいました。

 

今考えると、絶対自分一人では乗り切ることのできない朝でした。
この状況を先生にメールし、息子のことはそのままでよいということだったので、この後、出勤しました。

 

再登校4日目で、こけました。
息子の中では、『もうそろそろいいかなぁ〜(休んでも)』といった考えがあったのではないかと思います。

こんなにも、休むことへのハードルが低いのかと再認識しました。

我が家は、ちょうど娘も状態が悪く、姉弟で足の引っ張り合いになっている状況だと聞かせてもらいました。

 

支援を受けていなければ、又不登校へ逆もどりです。
でも、この時はとにかく藤本先生に、すべてをおまかせして、母は状況の報告と指示に従うことに意識を集中しました。悲しんでいる暇はありません。

 

夕方、担任のT先生に連絡をいれます。
今朝の状況を説明します。そして、学校で何かあったのではなく、体が生活リズムに適応していないためだと話しました。

  • 支援の先生から、学校へ行くことを決めたのだから、甘えさせてはいけないと言われていること。
  • 学校は休んではいけない、行かなくてはいけないと言う考え方。
  • クラスなどで、友達に親切にしてもらっていることは、徐々に返していけるように育てていきたい。
  • 学校で必要なものは、本人の意思で準備させるようにするために、母から言わないようにしている

これらのことを担任の先生にお話しました。

 

 

再登校から欠席後のコーチング

 

今日も欠席です。夕方には支援の藤本先生と、訪問の先生方がコーチングにかけつけてくださいました。

 

7:00 息子を起こしますが、無言で起きません
7:15 息子は起きてきましたが、ソファでボーっとしています。
その後、部屋へ戻ってしまいました

息子は部屋から出てきません。藤本先生に、メールで報告します。

藤本先生メール

本人わかってますから。放っておいてください。
今日もう向かうようにします

結局、部屋でねています。
ちょうどこの日は、仕事が休みだったので私も家にいました。子供が起きて来た時の対応がわからず怖かったです。

 

夕方藤本先生から連絡が入り、その後訪問のM先生とS先生が到着されました。
その後、息子にたいしてのコーチングをしていただきました。

 

この時、その場にはいなかったため、どんな話をしていただいたのかは、わかりませんが息子にとっては必要なことだったのだと痛感します。
息子も自分が甘かったと反省していました。

この日は、S先生もきていただいて娘へのアプローチもしていただきました。すべてが終わったのは10時頃だったでしょうか。
先生方、本当に遅くまでありがとうございました。

 

 

欠席後の登校

 

 

息子は目覚ましで起きてきました。昨日訪問の先生と一緒に目覚ましもあわせていたようです。

制服に着替えて降りてきた息子は、ソファで横になっています。食事の声をかけると、食卓に座りましたが、何も食べずに登校しました。
この日息子は、終始無言でした。

息子とともに娘も支援していただけるのがありがたいです。

 

担任のT先生に学校の様子をうかがいました。

担任先生
担任先生

朝学校につくなり保健室により「吐きそう。気持ち悪い」と不調を訴えた。
30分ほどベッドで休み、学年集会に参加

2時間目:理科
教科書を見ながら、プリントをがんばって書いていた
ふとした時に、頭を振る、白目をしているという本人の様子に、まわりは笑ってしまう。

休み時間
7月までの振り返りプリントの欄を書くよう伝えると「無理」と言って、話の途中で去ってしまった

5・6時間目:スポーツレク
しっぽ踏みの競技に参加。とても意欲的に活動しており、楽しそうだった。
クラスメイトの様子を見て笑ったり喜ぶ場面もあった。
全体に楽しんでいたようだ。

 

この日の夜、息子の口からうれしい言葉が聞けました

息子
息子

学校行ってよかったわ。楽しかった。

けれども、朝保健室に行ったことはいいませんでした。

 

藤本先生からツイートいただきました(^^)/