カテゴリー:復学支援
Pocket

 

復学支援機関であるFHE(ファーストホームエデュケーション)では、支援を受けている方は日本全国におられます。
そんな中で、支援を受けた親で組織している親の会が関東と関西にあります。

 

関東の親の会が、先日行われました。その様子を教えてくださ~いとお願いしていたんです。

 

関東の親の会のお世話をしてくださっているロータスティさんから、当日の様子の記事が届きました!

この記事の続きを読む

Pocket

不登校を経験すると、親はいつまでも心配しています。私だけかもしれませんが、意外とそういうご家庭が多いように思えます。

 

中1で不登校になった息子は、中2で復学します。そこでめでたしで終わらないのが不登校の難しさです。

 

復学支援の良いところは、学校へ行きながら家族が変わっていくことだと思います。

この記事の続きを読む

Pocket


復学支援という言葉を知っていますか?

 

以前は病気で入院している子供のための学校へ戻る援助を指す言葉だったようですが、今は

  • 不登校になった子供で本当は学校に戻りたいのにもどれない
  • ちょっと休んでしまったらなかなかきっかけがなくなり登校できなくなった

等々

 

不登校から学校へ戻ることを支援(手助け)する機関をさします。我が家が依頼したFHEも復学を有償でサポートしてくださる民間の機関です。

 

学校へ行きたくてもいけないという子供たちの心の中にある本当の声をくみとって支援をしてくださいます。

 

支援依頼から登校までの簡単な流れを書いてみましょう

この記事の続きを読む

Pocket

 

我が子が不登校になってあわてない親はいません。以前は親の愛情不足などと言われていた時期もありましたが、今では誰でもがおこりうる事柄と捉えられています。

不登校になって混乱の時期がすぎると、原因を探し始めます。

  • 誰かにいじめられたのか?
  • 学校の先生が悪いのか?
  • クラスの友達が悪いのか?
  • お父さんが悪いのか?

これを見てもわかるように、子供自身が悪いとは親は思いません。かわいいわが子ですから当たり前ですよね。そして、自分が悪いとも思わないものです。

学校に相談にいきます。

そこで、学校でのわが子が見えてきます。我が家の場合は、息子自身に何か原因があったのかも?と考えることもいくつかありました。

この記事の続きを読む