投稿者:tyaro
Pocket

息子が不登校になったのは、中学1年の時でした。
今から10年前の2007年でした。

不登校は家庭によって違います。我が家対応が正解でない場合も多いですが、もし、同じようなご家庭がありどなたかの参考になるなら嬉しく思います。

最初は、支援機関のことも知らず、不登校のことも知らない状態です。当時の様子は、初期のブログで公開していました。今回それを、記録の意味も込めて、こちらに移しておこうと思います。
この記事の続きを読む

Pocket

家庭教育推進協会のブログに藤本先生が投稿された記事、読まれましたか?

【過保護のカホコ】というドラマを題材に書いておられます。
コチラの記事→過保護のカホコから学ぶ

私も、このドラマの記事は書かせていただきましたが、先生の記事を読んで、なるほどそういう見方もあるのか~
と発見でした。
ドラマ【過保護のカホコ】が面白い

この記事の続きを読む

Pocket

 

子どもの帰宅時間は、親として気になるものです。
小学生の子どもなら、親がしっかりと行動を把握するためにも、帰りが遅い場合は、しっかりと聞きます。

 

でも、高校生ならどうでしょう?

親として、聞きたい気持ちと、もう高校生なんだからそこまで口を出していいのか
そんな葛藤があります。

 

我が家の高校生の帰宅時間のルールを思いだしました。

この記事の続きを読む

Pocket

 

『不登校を経験した子どもたちは、その後どうなっているのか?』
息子が渦中の時に疑問に思っていたことでした。

我が家もお世話になったFHE(ファーストフォームエデュケーション)の卒業生のあんずさんからその後の息子さんの様子を記事としていただきました。
この記事の続きを読む